人と間。

雑食性で言葉を使い、社会を形成する傾向にある。
現在、農業(農耕・牧畜)・漁業)などといった
食糧の生産や獲得を組織的に行う事から、
食物連鎖の頂点の一部にいると考えられている。
体長は一般的に 140cm から 190cm 程度。
哺乳類の中では唯一、ほぼ全般的に直立二足歩行をすることができる。
また体毛は薄く、保温は発汗や服を着る事で行なう。
この他にも機械装置といった高度化した道具を作り利用する事で、
ほぼ他の生物が生存不可能な極限環境でも
生活することができるまでになっている。
ただし極限環境での生活は一般に負担が大きい(コストの問題など)ため、
大抵は着衣のみの調節で生活可能な地域に分布する。

生活様式は多様で、食生活だけでも肉食が多い集団、草食が多い集団、
どちらも同程度に食べる集団があり、一概に言う事は出来ない。
もともと昼行性動物であり、暗くなれば殆ど何もしなかったが、
火を使えるようになり、灯りを手に入れてからは夜間も活発に活動する。
この傾向は文明の発達と共に加速する傾向にあり、
何等かの理由で夜間に主に行動する個体も見られる。

活動範囲が広く、熱帯雨林などの温暖な地域からシベリア等の寒冷地帯、
砂漠などの乾燥地帯など様々な場所に分布する。
また道具の補助により海中や空中、果ては宇宙
(ただし21世紀初頭現在では地球の月が最大範囲である)にまで進出している。
好奇心や知識欲は比較的旺盛で、その多くは少なからず
自身の関心事に対して「知ること」と「考えること」を好む性質も見られる。



これ、すぐにわかったと思うけど、「人間」のことです。
wikipedia「人間」の項からなんだけど、面白いね。

ふと、「人間」という2文字の中の、「間」ってなんだろうと思った。
ま。あいだ。はざま。
どれも、距離感をあらわすような意味だ。

これってつまり「コミュニケーション」のことじゃないか。
人と、それぞれの人同士の「間」、つまり、
そこに生まれる関係性を含めて「人間」なんじゃないか。
「人間」は「じんかん」とも読むものね。


なんだかそーゆー活動家みたいな話題ですが。
ちなみに僕はそーゆー活動家ではありません。あしからず。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4640340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2006-11-06 21:17 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki