冬のつとめて。

週末明けの疲労感、どうにも否めず、
月曜日は比較的早上がり、なるべくじっとして休息とした。

隣駅に寄って、食事のための野菜などを買い、
さらには、格段に冷え込んできた日々への対策にと、
カーボン・ヒーターのストーブを、電気屋の店頭で買って、
そのまま家まで持ち帰った。片手で持てる大きさなのだった。

散らかりを掃除した部屋で、食事をしながら、
ストーブにあたり、暖をとっていると、
生まれである雪国に、今いるような気にすらなるのだった。
小さい頃から、寒い時期にはストーブがあり、
それに近づいてじりじりと、身体を温めるのが常だった。
舌や鼻が、その味や匂いで、
何よりも鮮烈に記憶するのと同じように、
身体感覚によって思い出す感覚は、
たいそう輪郭がはっきりしていて強烈だ。

いつも寒い時期はそうなのだが、
眠っても、眠っても、足りない気がしてかなわない。
さらに、哀しくも、寒さに弱いを自認する人間としては、
さながら冬場の高校球児のように、
活動範囲を限定されたような心持ちになる。

今ですら、これほど寒い寒いと言っているのだから、
例えば、明治以前の、昔の人など、いったいどうしていたのだろう。
障子戸の、一枚外は雪景色といった話を、どこかで読んだ気がする。
火桶ひとつ、暖をとるには、少々火力が弱いと言わずばなるまい。

それとも、日本が、地球が、寒くなったのかな。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4720000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2006-11-22 17:45 x
いやー、寝ました。寒いせいではないけれど。

月曜、朝からなんとなく体調が悪かったのが、
午後になって急速に悪化、発熱に至り、
18:00には家に戻ってベッドに入り今朝の7:30まで足掛け2日、
都合37時間半のうち、まぁ33時間は寝たのではないか、と。
途中、朦朧となりながら、「そんなにたくさん眠れるもんか」とか思うんだけど、
眠れてしまった。

こんなにたくさん寝たのは、
多分高校の修学旅行から帰ってきた夜以来かと(って、いつだよ)。
Commented by shinobu_kaki at 2006-11-23 15:00
>くろさん

風邪流行っていますからね。
どうぞご自愛を。

アタマ痛くなるくらい寝た感じでしょうか?

>多分高校の修学旅行から帰ってきた夜以来かと

旅行中は寝なかったの?(笑)
by shinobu_kaki | 2006-11-21 07:33 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31