プロって?

  なんかね、痛切にこの頃思うんですよ。
  意味は真似できるけど、
  ディティールは真似できないんです。
  万葉集の心はこういうことですって、
  中学生でも説明できるけれど、
  万葉集の中に、あなたが作った歌を
  紛れ込ませることはできない。
  形の方が実は難しいんです。
  そのことについて、ものすごく今、興味があって、
  意味でみんな語りすぎると、
  誰でもできるようなことになっちゃう。
  今プロが困っちゃうのは、
  誰でもできることだと思われてるからですよ。
  プロのように音楽を作ることなんて、
  素人にはできないんですよ、やっぱり。

  (糸井重里)


ほぼ日刊イトイ新聞「矢野顕子について、アッコちゃんと語ろう!」より


「プロとアマの差」について語られています。
ブロガーと物書きの差についても言及。
最後の「音楽」の部分は、何を入れてもあてはまるよね。

プロとアマの差…。なんでしょうね。
「ギャランティを受け取っているか」なんていう定義的なことじゃなくて、
やっぱり「技」の部分でしょうか。
安定した方法論と技術が自分の中にあって、確立されているかどうか。

安定というのは、
料理人の作る料理の味が、毎日変わっていたら困るじゃない?
例えばそういうこと。
その上で、日々越えていこうとする姿勢とかね。


おまけ。
同じ対談での、ちょっと良かった一言。


  匂いっていうのはさ、
  空気を媒介にして伝わるものだから、
  そこのところに空間が出てくるんだろうね。
  あ、時間も出てくるか。
  消えていったり、出てきたりするから。
  時間と空間をふくらませるんだ。
  かっこいいじゃん、匂いって。

  (糸井重里)


やっぱり上手いこと言うよねー。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4807890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2006-12-07 12:32 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31