年は暮れてゆく。

夜。
火の用心の拍子木の音が歩いていくのが聞こえる。
街は神妙にその音を聞くように静まり返っている、ように見える。
実際に帰省や何やらで、人の数は減っているのだろう、
車の数が少ないことも含めて、街はなんだか静かな面持ちだ。

窓際のPCでこれを書いている。
ほぼ真上に昇った月が頭上から照らしている。

僕も、明日の昼には東京を発つ。
秋田行きの新幹線に乗って、田舎へと向かうのだ。
荷造りもほぼ終わり、遅れてしまった年賀状を今さら書いている。
今夜中には切手を貼って投函する予定だ。
元旦には着かないだろうと思われるが、そこはどうかご容赦願いたい。
というのも今回の年賀状には「とある仕掛け」があり、
1月3日までに着けばまあ、その仕掛け的には必要充分だからだ。
もちろん、本来年賀状は元旦に着くべきものであるというのも知っている。
だからこれは、エクスキューズだ。許して欲しい。

真上の月は少しずつ移動している。

年の瀬だろうが世の中は相変わらず動いて行くし、
普段と変わらずニュースはあふれ、個人的に本もいくつか読んだ。
ここで紹介したり言及したりしたいネタはあるのだが、
この年末独特の収束感がそれを許さない。
普段と同じような心で、フラットに何かを語る気分にはなれないのだった。
だから、書かない。静かに新年を迎えたい。

1年ほど前だろうか、大晦日は一種の葬送で、
新年は新たな再生の儀だという主旨のことを書いた。
日本人にとって年越しはパーティではなく、
どちらかというと荘厳でしめやかなものだからだ。
除夜の鐘はテンカウント・ゴングだ。そういうことを書いた。
僕も、今年は田舎で静かに年を越す。
1月からは個人的に環境も変わる。変化はいつも不安と期待がある。
きっと、けたたましく始まるであろう2007年を前に、
まるで雌伏のように大人しく、しかし楽しく、田舎の正月を過ごそうと思う。

…って、やっぱりなんか年末はどうしても、
リリカルな調子になってしまうのだねえ(笑)

みなさま、どうか良いお年をお迎えください。
いい年にしましょう。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4918474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2006-12-30 23:05 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31