「pen」の特集、「東欧のグラフィック」。

雑誌「pen」は特集によって買う。
最新号「東欧のグラフィック」特集。
北欧でなく東欧というのがいいね。


「pen」オフィシャルサイト(index)


東欧といえばチェコのアニメとか、
ちょっとくすんだ色の「かわいさ」のあるトーン。
どこか古く、どこか懐かしく、そんな先入観があった。
プラハも「中世の絵本から抜け出たような街」だしね。

さて、ページをめくってみる。


あ、特集の前に。
「pen」には各国をフューチャーしたトピックスページがある。
そのショルダータイトルと、推察される言葉の選び方の理由。

「ニューヨーク裏事情」
→裏通りに真髄のありそうなN.Y?

「男もパリだ!」
→パリのエレガントさはどこか女性的。でも男性誌だからこの言葉。

「目が離せないロンドン」
→ロンドンは昔から文化の発祥的なポジション。

「ローマ至上主義」
→ローマという言葉は歴史を感じさせる。帝国的。大時代的。

「疾走するベルリン」
→硬質なイメージのドイツ、ベルリンにはスピード感がよく似合う。

「ストックホルム最前線」
→リズムがいい。ストックホルム・シンドロームとか、長い音節も合う。

「迷わずソウル!」
→欧州に比べるとやはりグレードが落ちる、迷う…だからこそ。

「未来都市サンパウロ」
→言外に「意外と」が隠されている。あと「未来世紀ブラジル」から。


とかね。
特集の前に寄り道しちゃいましたけど。

では、「pen」の紹介する東欧4カ国。
すなわちチェコ、ポーランド、ハンガリー、スロヴァキア。
東欧というより旧東欧、中欧と呼ばれるこれらの国は、
チェコのブルノ・ビエンナーレをはじめとする、
グラフィックの祭典が行われることでも有名。
らしい。知らなかったけど。

そして「歴史を変えた8人」として、
ヘンリク・トマシェフスキをはじめとする東欧のクリエイターを紹介。
(今、「とまシェフ好き」ってタイプされたよ汗)

さらに、遊び心あふれる街角のサインや建築、
ビールの国・チェコならではのコースターデザインがさすがという感じ。
特に、実際に切手が貼られていて手紙になっているのが良かった。

あと個人的に好きだったのが、
ハンガリーの「ビジュアル・グループ」という会社の作品。
2001年ブダペストで開催された展覧会のポスター、
ジョン・レノン、チェ・ゲバラ、マリリン・モンローが
これ以上ないほどシンプルな記号として表現されたもの。
これぞアイコン!という感じ。
どういうものかは、雑誌を見てくださいな。

全体を見渡して思うのは、
色使いなどはモダンじゃないけど、知的なんだよね。
アイデアがある。福田繁雄みたい。
レトロポップ。そして力強い。
そしてちょっと絵本やマンガを髣髴とさせる。
積み木とかブリキ、つまりおもちゃが良く似合う。
それはきっと「ラクガキ」の精神じゃないか、と思った。

気候的にもひんやりとどこか薄暗く、
歴史的にもハードな状態を潜り抜けてきた東欧。
「ラクガキ」のようなデザインはそんな東欧において、
心を遊ばせイメージを解放するような、
シニカルでピースフルなリヴェンジだったんじゃないかな。


あ、東欧っていうか旧東欧、中欧ね。
「pen」が東欧って言ってるから便宜的に。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4993226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2007-01-17 19:35 x
これの前の前のpenの、
家電デザインもユーゴの会社のやつが出てましたですね。
あれもすごいシンプルでした。

>気候的にもひんやりとどこか薄暗く、

確かに。
19年前(……いつだよ。それ)に行ったときの印象、
まさにそんな感じだったような>ユーゴ/ハンガリー。
Commented by shinobu_kaki at 2007-01-18 10:08
>くろさん

ユーゴのやつは見てないんですよね。
別に住みたいとかそーゆーんじゃないですけど、
あのへんの北欧・中欧・東欧「小ヨーロッパ」とでもいうか、
なんだかやけに惹かれます。
Commented by kuro at 2007-01-21 19:13 x
昨日、南へ向かう機内でくだんのpen読みました。
(つーか、がめてしまいました。すいません>TG)

このなんとも微妙な世界を眺めてて、
そういえばヤン・シュワンクマイエルもチェコだった、と思い出し。
シュールとしか言いようのない、クレイアニメの巨匠。
20年近く前(……いつだよ。それ)どっかのミニシアターで短編集上映してるの見に行って、
圧倒されたです。なんとも。
最近、本が出たとかってこないだちらっと見たエスクァイヤに載ってたっけ、
って思って今、サイトチェックしたら、

12月に来日してTSUTAYAでサイン会やってた…


会ってみたかった。。
Commented by shinobu_kaki at 2007-01-22 01:13
>機上のくろさん

個人的にはシュールって好きじゃないんですが、
チェコのアーティストの色使いとか、
ちょっと視点とか発想が違う感じがしますね。面白いよね。

>12月に来日してTSUTAYAでサイン会やってた…

生きている巨匠ですね。惜しい。
情報はチェックしとくべし、ですな。
by shinobu_kaki | 2007-01-16 15:59 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31