「OUT OF AFRICA」

Q…邦題は「愛と哀しみの果て」っていう凄いタイトルなんだよね、

A…一種の流行りでしたよね、「愛と哀しみのボレロ」「愛と青春の旅立ち」、
 「愛と幻想のファシズム」、

Q…最後のは村上龍の小説で映画じゃないよ、何言ってんの、

A…そうですね、すみません、

Q…で?

A…え?

Q…何年も観たかったわけでしょ、やっと観られてどうだった?感想は?

A…はあ、あらためて言われると、そうですね、
 ロバート・レッドフォードのカウボーイハット姿はブラピに似てるなとか、

Q…逆だよ、ブラピのほうが後なんだからさ、

A…まあそうですけど、あと、
 この映画は脚本の教科書と言われるくらい、
 心理描写とプロットが良くできていると言われるんですが、
 それより何よりカメラに圧倒されましたね、

Q…映像ね、

A…そうです、ちょっと腰が抜けるくらい綺麗でした、
 あの、飛行機でサバンナ上空を飛ぶ一連のシーンは、
 映画史上最高に美しいシーンの1つとも言われているらしいですね、

Q…今思えば「イングリッシュペイシェント」のシーンはコレのインスパイアだな、
 まあ映画の場合はオマージュってことになってしまうからいいんだけどね、
 それにしてもピンクのフラミンゴの大群のやつとか凄かったね、

A…ちょっと、なんというかびっくりしましたね、
 どうやって撮っているのかまったくわかりませんでした、
 まあ実際にアフリカの自然の中を飛んで撮影したっていうことでしょうけど、
 あんな奇跡的なシーンが撮れるもんなんですねえ、驚きました、

Q…あの山はキリマンジャロ?

A…ケニアだからキリマンジャロでしょう、
 アフリカが、あまりにも贅沢な景色として機能していました、
 ヨーロッパのスノビズムが入るとアフリカがとても清潔に見えましたね、
 実際にアフリカってあんなに綺麗なんですかね?

Q…知らないよ、行ったことないんだから、
 でも、場所は違うけどロレンスも「砂漠は清潔だ」って形容してるよね、

A…襲ってくるライオンとか、どうやって撮ったんですかね?

Q…ライオン専用の俳優事務所でもあるんじゃないの?

A…相変わらず冗談がつまんないですよね、
 しかし、サバンナに焚き火と白いテーブルクロスにワインのディナー、
 すばらしく贅沢なものに見えましたね、白いクロス、がいいんですよね、
 アフリカに白はよく映える、他に白いものがないですから、

Q…またネグロイドというかブラックアフリカンに、
 白い服がよく似合うんだこれが、

A…それに、主人公の女性はデンマーク人なわけですけど、
 調度品とかのヨーロッパ的スノビズムがアフリカによく似合っていましたね、
 アメリカじゃこうはいかないと思いましたね、

Q…支配・非支配という概念はヨーロッパに一日の長があるからね、
 相手の文化や価値観を残しつつ上手に支配していくということが、
 経験上アメリカにはできない、
 主演のメリル・ストリープはアメリカ人だけどね、この頃で何歳?

A…彼女は1949生まれで映画が1985年なので36歳かな、
 撮影にかかった時間を含めるともっと若いかもしれませんけど、

Q…アカデミー賞ノミネート13回は俳優として史上最多なんだよね、

A…こういう人って私生活はどうなんってるんでしょうね?
 気がおかしくならないのかな、
 でもこういう女性、つまり、気丈で理知的で行動的な女性って、
 現代でも物語の主人公としてとてもハマる、宮崎駿的というか、

Q…結論としては、どうだった映画として?

A…かなり素晴らしいと思いますよ、観られて良かった、
 スケールがいかにもアカデミー賞好みで、いわゆる大作ですよね、
 実話がもとになっているというのもいい、

Q…アイザック・ディネーセンだよね、「バベットの晩餐会」の作者だ、

A…「バベットの晩餐会」は観ました、

Q…でもネットで「OUT OF AFRICA」の感想を読むと、
 「長く感じた」「話がつまらなかった」「映像に助けられた」とか、
 特に若めの人には受け入れられてないみたいね、
 君、こういうの好きってことは感性が年寄りなんじゃないの?

A…そうかなあ、
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5075073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-03-25 03:13
タイトル : 愛と哀しみの果て
デンマークの資産家カレンは、深く考えずブリクセン男爵と結婚した。しかし、アフリカでのコーヒー栽培がうまくいかず、夫の女遊びに悩まされるカレン。13年、現在の生活に不満なカレンは、東アフリカのケニアへと渡る。そこで運命の人デニスと出会う。そんなカレンを救ったのが、ハンターで冒険家のデニスだった…。 アカデミー作品賞ほか全7部門を受賞した名作。監督は製作者や俳優としても知られるシドニー・ポラック。カレンにメリル・ストリープ、デニスにロバート・レッドフォードを得て、アフリカの大自然を背景にスケー...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-04-24 18:08
タイトル : 愛と哀しみの果て
デンマークの資産家カレンは、深く考えずブリクセン男爵と結婚した。しかし、アフリカでのコーヒー栽培がうまくいかず、夫の女遊びに悩まされるカレン。13年、現在の生活に不満なカレンは、東アフリカのケニアへと渡る。そこで運命の人デニスと出会う。そんなカレンを救ったのが、ハンターで冒険家のデニスだった…。 アカデミー作品賞ほか全7部門を受賞した名作。監督は製作者や俳優としても知られるシドニー・ポラック。カレンにメリル・ストリープ、デニスにロバート・レッドフォードを得て、アフリカの大自然を背景にスケー...... more
Commented by sasa at 2007-02-04 20:37 x
「愛は~」ものだと、「愛は霧の彼方に」がスゴかったですよね。

原題はGollilas in the Mistだから、「霧の中のゴリラ」。

Commented by shinobu_kaki at 2007-02-04 23:19
>sasa

ゴリラ…すごいねえ。
観てないけどシガニー・ウィーバー主演なんだ。
ゴリラって何のことだか気になるね。

…まさかシガニーがゴリ…うわ誰だ何をするやめkjvhlahjfcak;-@0
by shinobu_kaki | 2007-02-04 10:03 | 人生は映画とともに | Trackback(2) | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30