弱き音。花の兆。


弱音。必要悪としての弱音。

世の中にはまったく弱音をはかずに、
黙々とただやるべきことをやる人というのが存在するんだけど、
僕は根性がないので、しんどくなると弱音をはくんです。

弱音をはかないのは美しいな、強いなと思うんだけど、
人にはそれぞれリズムというのがあって、
ちょこちょこ弱音を小出しにしながら騙し騙しやっていく、
いわば小さくストレスをはきだしながらやるのが
きっと僕のリズム、僕のバランスなんだよね。

疲れたと思ったらマッサージを受けるように、
風邪のひきはじめに風邪薬を飲むように。
1が100になって、とりかえしのつかない状態になる前に、
ネガティブなものを身体からはきだしておくのは悪いことじゃない。
周りは迷惑かもしれないけど、少なくとも僕にとってはね。

弱音って「音」なんだ。つまり口に出すこと。
口に出さなければそれは弱音ではない。
でも「強音」ってないね。
それは「大言壮語」とかになるのか?「豪語」とかね。
弱い、というのはひとつの力だと思う。
生き延びるためのスタイル、テクニックだ。
「強い」っていうのは案外に、弱い。

昨日は久しぶりに仕事で完徹をした。
始発で一度家には帰って、風呂に入って着替えるだけして、
朝10時には西新宿へ。それから会社に移動してずうっと仕事。
アドレナリンが出ていたせいか徹夜にしては不思議と眠くなかったが、
身体の末端が冷えきっているのがわかった。血流が悪い感じ。

そして今日も午後から出社です。
昨日の帰り際、社長が「明日だけどさ…」と言い出して、
休日出社を促してきた。他の社員も全員出社だ。
僕は完徹明けでグロッキーだったし(しかも終電の時間までやってた)、
思いっきり渋ったのだが、仕事の状況として出ないわけにはいかないらしい。
体調が体調なので遅くはなるが、という「ただし」つきで答えた。
休日が突然奪われるのは色んな意味で得心がいかないけれども。
仕事に関する限り、人生というのは案外と不自由なものである。


桜の開花予想は明日だそうです。
1年前のエントリにも書いたが、家のまわりは桜が多い。
「春の家」と呼ばれるゆえんである。僕が勝手に呼んでいるだけですけど。
紅葉と同じで、桜というのは寒い時期を経ないと美しく咲かないらしい
(というのはなかなか示唆的な話ではあるよね)、
さて、未曾有の暖冬だった今年の桜はどうなのだろう。

桜の季節の日本はほとんど奇跡のような風景が繚乱し、横溢する。
世界中のどんな艶やかなカーニバルにも負けない壮大なインスタレーション。
今年も、うまく桜が咲くといい。きれいな花をつけるといい。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5263349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIRA at 2007-03-22 00:09 x
今日も日記に弱音を出しまくっておりました。
そっか、いいのか(笑)。と、これを読んで少し癒されましたわ。
おやすみなさい。
Commented by O at 2007-03-22 00:52 x
弱音なかなかはけません。
プライドが高いんです。
周りの目を気にする。
評価されたいとか。
自分に甘いのに他人に厳しいとか。

でもこれが弱音はいてるって言うんですかね?
あれ、はきまくってますよね!!
お世話になっております・・・(^^:)
Commented by shinobu_kaki at 2007-03-22 04:13
>HIRAさん

HIRAさんのは、弱音というには異様に元気だよね(笑)
弱音であることを見過ごしてしまいそうです。

さて、今帰ってきました。
疲れた!眠い!(←弱音)
Commented by shinobu_kaki at 2007-03-22 04:14
>Oさん

そうそう、それ、弱音です!(笑)
by shinobu_kaki | 2007-03-21 09:59 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31