陰と陽。

全然詳しくないし、掘り始めるときりのない世界なので書きづらいけど、
世の中の人は大別して「陰」と「陽」に分けることができる、と言われる。
ちなみに僕は間違いなく陰である。
陰タイプの人は陽タイプの人といるとラクなのではないだろうか。
受けと攻め。野球でいうピッチャーとキャッチャーの関係に似ていなくもない。
陰と陽のそれぞれのタイプがバランスよく配されていると、
会社のような組織もなんとなく上手く回る気がする。

Yin & Yang.
陰と陽。

「受け攻め」もそうだが、不思議なことに常に「陰」が先に呼ばれる。
はじめに陰ありき。なんだか面白いね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5441722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さや at 2007-04-18 06:04 x
私も明らかに陰のタイプ。
主張したりするよりも
耳を傾け考えこむタイプだし。
だけど光があるから影がある。
良いんじゃない?

でも、自分が陰なせいか陽が強すぎる人といると
心かきみだされやすいと言うか疲れます。
そんなことありません?
Commented by kuro at 2007-04-18 10:08 x
YinYang といえば香港の鴛鴦(インヤン)茶。
ミルクティーとコーヒーのブレンド。 絶妙な味。 当時よく飲んでました。
町の安い食堂みたいなとこで、西多士(香港風フレンチトースト)と一緒に。
一つの鍋を真ん中で太極マークのように区切って2つの味が楽しめる、
鴛鴦火鍋、つーのもありますな(オシドリの鳥鍋ではありませぬ)。

諸説あるようですけど、
これらオシドリのように2つのものが仲睦まじく、
絶妙にフィットすることからくる「鴛鴦」と「陰陽」(元は発音が異なるようですが)。

ある種、合点がいく、というか。



トミーとマツ、みたいな(古いか)。
Commented by shinobu_kaki at 2007-04-19 08:40
>さやさん

陰で悪いなんて言ってないぜ(←誰?w)。
まあタイプの問題ですしね。
静と動(あ、やっぱり静が先だ)。
陽が強すぎる人と一緒だと疲れるってのはわかる気がする。
ノリというかテンションというかが違うとね。
Commented by shinobu_kaki at 2007-04-19 08:41
>くろさん

世の中の人は大別して「トミー」と「マツ」に分けることができる、
と仮定すれば、僕はどっちなのだろうと思ってしまいました。

トミーかな。
トミ子ー!
Commented by d_yuuu at 2007-04-20 01:15
ご無沙汰しちゃってごめんね。

私も陰な人間だわ!だから太陽みたいな人が大好き。
近くにいるとほっとしちゃうし、安心する。
代表選手は凸くんで、一生のつきあいの妹もそう。

しかし、シノブ氏は安心するのう。。。
同じタイプの“陰人間”なのだろうか。。。^^;

同じ陰同士、仲良くしましょー♪
(いや、ほら、前向きに^-^;)
Commented at 2007-04-20 01:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2007-04-20 18:52
>豆さん

まあワタクシは太陽系ではないですな。太陽系?

なんというか、ガハハと笑ったり、腹の底から声を出したり、
ナンパしたり(←?)、そーゆー系ではないんですね。

前向きに陰、ってのが不思議な感じです。
ま、矛盾じゃないんでしょうけれども。ええ。
Commented by shinobu_kaki at 2007-04-20 18:53
>鍵さま

むむ。ほほう。うーん。
そうですねえ…。

無理しないよう、はお互い様ということで。
身体には気をつけましょう、色々と。
by shinobu_kaki | 2007-04-18 02:23 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(8)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30