桜井和寿詩集「ファスナー」

大切にしなきゃならないものが
この世にはいっぱいあるという
でもそれが君じゃないこと
今日 僕は気づいてしまった

きっとウルトラマンのそれのように
君の背中にもファスナーがついていて
僕の手の届かない闇の中で
違う顔を誰かに見せているんだろう
そんなの知っている


I'ts a wonderful world 収録「ファスナー」より
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/551374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 如何様にも at 2004-06-30 21:34
タイトル : ポップ
知的キャパを大幅に超えた課題ばかりしていていい加減キレ そうなので、息抜きに好きなものについて楽チンなことを。 とかいって、こっちだって本気で理解しようとするときにはいと も簡単に私の許容範囲を超えるのだけど。 <font color=shocking pink桜井和寿詩集「ファスナー」 QからIt's a wonderful worldへの流れは、きっと多くの人 にもそうであったように、私にとってまさに鳥肌もので、「これ以 上はない」と思ったものにもまだ「それ以上」があるのだという ことを印象深く諭されたのだった。 ロックなめんな!とスネオ氏はよく仰っていて、...... more
Commented by ring-ok07 at 2004-06-30 07:31
わー、「ファスナー」一番好きな曲たちのひとつです。
たしかロッキンオンのアンケートでも一位になってたことあったなぁ。
こんなところで見れるなんてなんかびっくりうれしいです。

『帰り際 リビングで僕があげてやるファスナー』
ピンポイントでここの情景のやるせなさがとても好き。
Commented by shinobu_kaki at 2004-06-30 15:28
作った本人も「自信作」と言っていた詞。
ファスナーいいですよね。
身につまされます…(←え?)
桜井和寿氏のコトバ・ワークは
僕の琴線にも結構触れるものがあります。
ほかには…

やめよう、
またアップします。
Commented by みさ at 2004-10-21 19:53 x
風邪ひいちまいました。
うぅ~。。

ここでウタワレテル
「でもそれが君じゃないこと
今日 僕は気づいてしまった」
とは、ちょっと違うのだけど

「キミじゃない」ってことに
気づいたときの、あの哀しさは
どうしようもなく。。

「キミ」が変わるってことは
想像の範囲にあるけれど

「自分の中にいるキミ」が
変わってしまったときは
ほんとにツライですよね。
うねりのような感情だったのに
それが自分の中から消えている。
うねりの跡だけを残して。。

そのうねりを消し去ってしまう
ような何かを探してるのかも
しれないけど、
そういうこととも違うのかなって
思ったり。。

ふとしたことで、シノブさんの
ブログに出会ったのですが
なんか、ふわ~っとしていて
いいですよね。
偏りがない、バランスがいい感じ
ですよね。
あと、シノブさんのコメントが
読んでいて、すがすがしい
気持ちにさせてくれますデス。
これからも続けてくださいマセ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 10:43
>みささん

いわば「君」と「僕の中の君」と
「君」は二人いる、のかもしれません。
誰もがもつ幻想としてね。
そのギャップを埋めようとすることが、
相手を知るということなのかも。

ブログ、お褒め頂きありがとう。
当面は続けて行くつもりですので(笑)、
よろしくお願いします。これからも。

このところ台風のせいで天気がいったりきたり。
風邪をひく人も多いみたいです。
どうかご自愛を。

by shinobu_kaki | 2004-06-30 02:02 | 言葉は踊る。 | Trackback(1) | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31