会社はサッカーチームだ。(前編)

なんか最近あらためて、組織ってサッカーチーム的だよなあと思う。
僕の勤めている今の会社なんかはちょうど10人ちょっとだし、
規模としてもまさにサッカーのそれに似ているのだ。

サッカーは、まずキーパーがいて、3〜4人のディフェンスがいる。
そして中盤と呼ばれるミッドフィルダーが何人かと、
さらに縦への運動量が求められる両サイドの選手がいる。
そして点を獲るのが仕事のフォワードが、1人から3人いる。
以上が、フォーメーションはどうあれサッカーの基本布陣だ。

チームを構成する選手によって、戦い方は大きく変わる。
例えばマラドーナのように一人で何でもできる圧倒的な選手がいれば、
その選手を中心にチームを作るのがもっとも機能するだろう。
(ちなみにスケールは違うがペルージャ時代の中田もこれに近かったと思う)。
ただ今はマラドーナのような一人だけ守備免除の“王様”は絶滅の傾向にある。
人一倍動いて、人一倍質の高いプレーをして初めて「スター」なのだ。
…と、話がちょっとずれたけれども、サッカーと会社の話ね。

もともとウチは社長がフリーとして始めてから、
じわじわと、増えたり減ったりしながらスタッフがついているという会社である。
というわけでやっぱり基本は個人会社的でもあるのだ。
大企業のようなルールもあるわけでもないし、組合なんかもないしね。
そんな社長が強力なパートナーを得てコンビで仕事をし、いくつか賞も獲った。
それが会社の基本かつ絶対的なブランドを生み出している。
言わば社長が絶対的なゲームメーカーであり、
そのパートナーがシュート力の高い強力フォワードと言える。
この二人でガンガンと点を獲りまくってきたというわけ。
さらにキーパーとして、このパートナー女史の妹さんが会社の面倒を見ている。
この三人が会社の、チームで言えばセンターラインを構成していて、
あとのメンバーが何年かごとに入れ替わる形だ。
ただし現在の社長はプレイイングマネジャー的に、
営業活動をしたりプランニングをしている。実際にはプレーしないことも多い。
監督業と選手というのは求められる要素が違う分、両立が難しいものだからね。

思ったより話が膨れたので続く。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5519240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2007-05-02 12:01 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30