本を買い込んで。

日曜日に渋谷へ出かけ、本を何冊か買ってきた。
パルコブックセンターはLIBROになったんだね。
それにしても相変わらず本屋はワンダーランドというべき知の宝庫で、
どんな人でも一生かかっても読み切れないほどの書籍が、
あろうことかリアルタイム更新を繰り返しながら増殖し鎮座している。
休日にふらりと本屋を訪れるたびいつも軽い高揚を覚える。
良い本に出会うことは面白い人に出会う事と同義だ。
大げさでなく一冊の本が人生を変えることもある。
そんな淡い期待を心の底に秘めながら、人は本屋を訪れる。

地下沢中也「預言者ピッピ」
見城徹「編集者という病」
KINOvo.2「思考としてのガンダム」
伊坂幸太郎「チルドレン」

これらを一度に買い、そのうち伊坂幸太郎以外は全て読んだ。
通勤の電車で、昼メシのテーブルで、少しずつ、しかし一息に読み切った。
今回の本はどれもアタリで、それぞれ非常に面白かったね。
特に「編集者という病」は、読むと体温が3℃ほど上がる感じだ。
まとめて書くのはもったいないので一冊ずつ感想戦と行きたい。
書けたら、だけどね。

あ、あと映画「スクール・オブ・ロック」も凄く良かった。
観ると元気になる映画。ジャック・ブラックはいいなあ。
最後のステージのシーンだけ3回も観てしまった。
これも書きたいね。曲がずっと頭を回っている。

♪教師のペットでいたけりゃ  何もかもあきらめな
 ロックは意味なし リズムなし 遅刻せずに学校へ…
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5627966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2007-05-23 02:03 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31