自意識。

人間は共通の敵の前でもっとも強く結束すると言われる。
敵の敵は味方、というわけ。

例えば外国人の存在を意識して初めて、自分たちが日本人だと意識する。
つまり「外部」が設定された瞬間に「内部」が発生する。
だから、いつか地球外生命とのコミュニケーションがとれて初めて、
我々は地球人としての意識を新たにするだろう。
そうでなければおそらく地球がひとつにまとまることなどない。

人間は常に関係性の中で生きているし、
もしその場に外部と内部の関係性がなかったとしたら、
無理矢理にでもそれを作ってしまう性質がある。
鎖国時代の日本は、海外とのコミュニケーションが皆無だったこともあり、
それぞれの藩という「国」どうしで独立し、反目したりしていた。
日本という単位が、世界だった。その中で外部と内部が生まれていた。
生まれていたというか、どうしても生んでしまうのだと思う。
ストレスがないとリラックスもないように、不安がないと安心もないように、
人間の性質としてそういうものを設定せずにはいられないのだ。

いつまでたってもなくならない「いじめ」もそうで、
人は人をいじめることで自分が安心を得たいのである。
だから人をいじめる人間というのは精神的弱者なわけだが、
この話はちょっとずれるのでまた今度。
簡単に言うと、外部へ向かうべき攻撃性が身近に行ったというのがいじめである。
だから強力な外部との対立が起これば基本的にいじめは起こらない。
例えば国単位で言うと、戦争とかそういうことだ。
でも戦争といじめのどっちがいいかというのは、
いささかナンセンスな選択ではあるけれど。

いや、こんな話を書く予定じゃなかったんだけど(笑)
最近会社に新しい人が入ってきまして、
無論対立とかそういうのじゃなく、
外から人が入ってくると、今いる人間との親密さがちょっと増すというか、
外部を意識すると内部の関係性が変化するよなあという話でした。


今日は朝から換気口取り替えの立ち会い。
家に職人さんが来た。朝からご苦労さんです。
これから医者を2つほどかけもちして(鍼を含む)、
夕方から恵比寿で結婚式の2次会へとお呼ばれである。
いわゆる6月の花嫁というやつやね。おめでとう。

さて、そろそろ鍼へ行ってきます。
メンテナンスしないとね。
しかし、今からこうだと先が思いやられるなあ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5711043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 豆次郎 at 2007-06-09 12:41 x
すごく納得できる話しです。

ちょっと違うけれど、
先日呑んでいたら男性から“自意識過剰”と言われ。
あたしが!?、と聞き返すと
“自己防衛本能が強い”と言い直されました。
なんだかなぁ´、`
Commented by shinobu_kaki at 2007-06-10 23:49
>豆をさん

「自意識過剰」と「自己防衛本能が強い」は違う感じがしますね。

でもまあ「自意識過剰」ってあまり字義通りに使われる言葉じゃなくて、
ちょっとした決まり文句程度の言い方って感じがする。
「気にし過ぎ」と非常に近いような。
by shinobu_kaki | 2007-06-09 09:57 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30