BOXING.

a0022014_0303076.jpg

ここは聖地・後楽園ホール。
特等席でボクシングを生観戦してきました。

初めて見るボクシングのリングは、
スポットライトに浮かび上がってすごく綺麗に見える。
そしてボクサーはもっと綺麗だ。
ストイックな減量とトレーニングで、
極限まで無駄をこそぎ落とした若くシャープな肉体。
それをまとうのは「相手を倒す」というシンプルな意志だけだ。
なにしろ美しくないはずがないのである。

a0022014_0305977.jpg

今回は「モンスター賞金マッチ」と銘打たれ、
強豪に挑戦者が挑むというマッチングとなっている大会である。
もちろん青コーナーがチャレンジャーであり、
僕らの席はその青コーナーの花道の脇にあった。
挑戦者が目の前を通ってリングへと向かう。
そこらを歩いているだけでは一見華奢に見える選手たちが、
リングに上がると立派な戦士としてぐっと大きく見える。
そのギャップが不思議だった。
そんな土曜日の後楽園ホールは、
素性のしれない人種であふれていた。

a0022014_0311464.jpg

「尊敬する選手」に判定で勝ち、リングを下りてくる選手。
応援団に祝福を受け、嬉しそうだ。
この日は派手なKOシーンというのはほとんどなく、
6ラウンドや8ラウンドをフルで闘うという試合が多かった。
なんだかんだとトータル5時間近くも観ていただろうか、
時間だけを思うなら途中で飽きてしまいそうなものなのだが、
まったくそんなことはなかった。最後まで熱中して観ていた。

ボクサーは、休まない。
試合中のボクサーは一瞬たりとも気を抜くヒマがない。
わざと転んで時間を稼ぐこともできないし、
タイムをかけることも不可能だ。
そんな「真剣の斬り合い」のようなリング上の緊張感が、
観客の時間を止めるのかもしれない。

a0022014_0313146.jpg

最前列の席に座っているので目の前に手すりがある。
よく見ると、小さなへこみがいくつもあった。
興奮した観客が、ここを叩くことで出来たへこみなのだろう。
これもまた後楽園ホールの歴史と伝統のひとつなのだ。

a0022014_0314998.jpg

この日のメインは渡嘉敷ジムのホープ・
元東洋ライトフライ級王者・現世界9位である山口真吾選手の登場。
素人目に見てもパンチはコンパクトで速いし、動きもシャープ。
そしてライトフライ級ってことは50kgに満たない体躯のはずなのだが、
とてもそうは見えないほどにパワフルな印象があった。
重そうなパンチの音が響き渡る。
試合は10ラウンド闘い抜いて山口の3-0判定勝ち。

a0022014_03256.jpg

間近で見たボクシングは素晴らしく迫力があった。
それは見た目というよりも、リング上で斬り合う選手たちの真剣さが、
客席にまで伝播する、そんな感じ。独特の緊張感があった。
特等席にご招待いただき、友人には感謝しきりである。

試合後、さっきまでリングにいたボクサーが、
着替えてそこらで談笑しているのも新鮮ではあった。

帰りの通路、タバコの煙で真っ白な中を通っていった。
ホールのある青いビルを一歩出ると、
この日はドームでKAT-TUNのライブがあったことで、
とにかく「そういう」女性でいっぱいだ。
ドームシティのデニーズも「そういう」女性でぎっしり。
こりゃもう「KAT-TUNデニーズ」だ。
見ると水道橋あたりの飲み屋は「KAT-TUN爆音」という看板を出すところ多数。
つまり店内に大音量(爆音)でKAT-TUNを流していますので、
ライブの余韻に浸りながら飲むのはどうですか、というわけだ。
これを商売上手と言わずしてなんという。
ストイックな男の殴り合いと、アイドルへの嬌声。
おそらくは決して混じり合うことのない、
両極端な世界の共存が見られた水道橋の夜だった。

あ、やっぱりこういうの見ると血って騒ぐもので、
帰りにゲームセンターでパンチングボールを叩いて帰りました。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5746439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2007-06-17 17:13 x
おおー。
Boxing、観に行ったですか。
観にいきそうでかなり行かないスポーツのひとつのような。

今、目の前のモニターでムエタイやってまつ。。
(@スワナプーム空港で乗継中)
Commented by MAMARIN at 2007-06-17 20:31 x
素敵な写真と文章をありがとう!じいちゃんにも見せたら 「あんなちっちゃいカメラで・・・」とびっくりしてました
長かったけど 退屈しないのにはびっくりした やっぱり真剣勝負だからなんでしょうね 真剣というのはヒトをひきつけるものですね
今度は是非 お相撲にお出かけください
男の肌の美しさは どちらも素敵! 決していやらしい意味でなくね
私事の感想は 後日携帯に送ります
戦う男は やはり素晴らしい! というコメントにて締めくくり
また!
Commented by shinobu_kaki at 2007-06-18 13:49
>KUROさん

初めてだったですよ、ボクシング。
総合の「PRIDE」なんかは観たことあったけど、
あの巨大なショー的迫力とはまた違うストイックな面白さ。
(PRIDEも迫力に度肝を抜かれたが)。

この日はメキシカンの選手が多かったね。
Commented by shinobu_kaki at 2007-06-18 13:51
>MAMARIN

いろいろどうもありがとう!ボンも元気でなにより。

>真剣というのはヒトをひきつけるものですね

これはホントそう思ったねえ。ひたすら釘付けでした。
あんなに目が離せないとはね。あっという間に時間が経ってた。
相撲も観てみたいね。

どうもありがとう、また!
Commented by HAJI at 2007-06-18 14:56 x
この前 東京に行ったとき泊まったの 水道橋だった

パンチングマシーンは 知り合いのおちゃんが
ブーメランフックーー!! と叫びながら叩き
小指を骨折しました  危険注意
Commented by shinobu_kaki at 2007-06-20 02:46
>HAJI

そう言ってたね、そういえば。>水道橋

僕はブーメランフックを体得していないので、
たぶん小指を骨折することはないと思うが。注意しましょう。

おっちゃんも大変ですな。
by shinobu_kaki | 2007-06-17 00:32 | ライフ イズ | Trackback | Comments(6)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30