休むということ、働くということ。

昨日は午前3時過ぎ就寝、
そして疲れているはずなのだがなぜか7時台に目が覚める。
自分の、この「休みの日はウキウキ症候群」には辟易してしまう。
完全にマインドが「遠足の日の子供」である。
それほど休日が待ち遠しかったのか。
ということはつまり、平日が嫌でしょうがないということだろうか?

ともかく朝起きて、いつもの鍼の先生に電話。
土日はかなり埋まっているようだが、先生の好意もあり、
1時間後、つまり今日の午前9時半からならできるよとのこと。
ありがたい。寝グセ直しもほどほどに家を出る。
身体は予想通りかなりガタが来ていた。こないだ完徹もしたからね。
というか完徹とかもうしちゃいけない身体の状態である。
先生にそう釘を刺されてしまう。確かにしたくてしている徹夜ではないが、
状況というのは結局は自分が作っているものだ。
我々は細かい局面で何かを常に選択し、その結果として現状がある。
それを忘れてはいけない。そんなことを考える。

室外機の前を歩くような暑さの中を歩いて駅まで。
家に帰って食事をして、寝不足と鍼の疲れもあって2時間ほど昼寝。
なので行こうと思っていた買い物はまだ行けていない。
風呂に入り、部屋の掃除をちょっとして休憩。
もうすぐヨメとなる彼女は友人の結婚披露宴へと出かけた。
もう夕方だけど、これから買い物に行ってどこかでメシでも食おうかな。


いつも読んでいる内田樹の研究室
最新のエントリ「若者はなぜうまく働けないのか?」が良かった。
ちょっと引用させていただきます。
なんというか、とても大事なことを書いていると思う。

(以下引用)

労働は本質的に集団の営みであり、
努力の成果が正確に個人宛に報酬として戻されるということは起こらない。
報酬はつねに集団によって共有される。
個人的努力にたいして個人的報酬は戻されないというのが労働するということである。
個人的努力は集団を構成するほかの人々が利益を得るというかたちで報われる。
だから、労働集団をともにするひとの笑顔を見て
「わがことのように喜ぶ」というマインドセットができない人間には労働ができない。
これは子どものころから家庭内で労働することになじんできている人には
別にむずかしいことではない。
みんなで働き、その成果はみんなでシェアする。働きのないメンバーでも、
集団に属している限りはきちんとケアしてもらえる。
働くというのは「そういうこと」である。
だが、社会活動としては消費しか経験がなく、
「努力」ということについては受験と就活しか経験がない若い人には
この理路がうまく理解できない。
どうして自分の努力の成果を他人と分かち合わなくてはいけないのか?
だって、それオレのもんでしょ?
違うのだよ。
(中略)
若い人たちは「やりがい」ということをよく口にする。
「やりがいのある仕事」を求めて、たびたび転職したりする。
この場合の「やりがい」ということばを年長者は
「使命感」とか「社会貢献」ということと誤解しがちだが、
当人たちはたいていの場合「受験勉強と同じ」という意味で使っている。
つまり、自分の努力の成果が、まちがいなく自分宛に、
適切な評価を受けてもどってくるような仕事のことである。
残念ながら、ほとんどの仕事はそういうふうには構造化されていない。
だから、彼らが最後にゆきつく「やりがいのある仕事」は
ミュージシャンとかアーティストとか作家とかいう
「個人営業のクリエーター」系に固まってしまうのである。
たしかにロケンローラーが1000万人、漫才師が1000万人、
漫画家が1000万人いる社会というのもにぎやかでよろしいだろうけれど、
社会的ニーズということも多少は考えていただきたい。
とりわけこの「自分の仕事」と「他人の仕事」の境界線をきっちり決めて欲しい
(そうしてもらわないと適正な成果評価ができないから)という要請は、
彼らの労働条件の不可逆的な劣化をもたらしている。
だが、そのことに本人たちは気づいていない。
ほんらい、「自分の仕事」と「他人の仕事」のあいだには境界線なんかない。

(引用終わり)

とても本質的で、それゆえに刺激的である。
「働く」ということに関して今一度考えたい。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/5808470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チェス at 2007-06-30 18:50 x
どうもどうも。このたびはおつかれさまです。

内田樹さんの引用部分よいですねぇ。

僕は個人の努力がその個人に報われないことを
ときどき嘆いているわけですが、
ふむふむなるほどと思いました。

いやぁ、ほんとに。

よいクスリになりました。
自家薬籠中のものとします。

Commented by kuro at 2007-07-02 18:20 x
んーむ、
とても本質的っぽいんだけど、

かっきーの文章の
「鍼の先生に(やや略)釘を刺されてしまう」
のところで、もうなんだか、
画が浮かんできちゃって、

そこから後の文章が入ってきません。

痛かった?
Commented by shinobu_kaki at 2007-07-04 11:26
>チェス氏

どもども、お疲れです。
内田部分は金科玉条かどうかは置いといて、
なんというか、いいですね。
ちょっと感じるものがありました。
Commented by shinobu_kaki at 2007-07-04 11:26
>くろさん

その目の付け所が大好きですよ(笑)
by shinobu_kaki | 2007-06-30 17:06 | ライフ イズ | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30