ダルビッシュという天才。

a0022014_22583775.jpg

Number最新号を買った。
表紙は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大。
前から思ってたけど、田中って顔が獅子舞っぽい。

特集「その試合が彼らを変えた〜熱球物語」。
一流、もしくは一線級と言われる選手が、
プレーヤーとして何かを掴んだ瞬間はどこだったか。
切り口としては面白いですね。
サッカーだとこういうテーマ性のある記事はあまりないね。
これは、野球がなんだかんだと「個人競技」なのと無関係ではない。

ラインナップは表紙にもなっている東北楽天・田中、
ヤクルトの「ヒット打ち」青木、
最近デキ婚報道で渦中の北海道日本ハム・ダルビッシュ、
ジャイアンツ・阿部、タイガース・林、東北楽天・山崎など。
中でもダルビッシュのが興味深かったね。

確かに東北高校時代からその実力とルックスで注目はされていたが、
さてプロとなるとどうかという感じがしていたダルビッシュ。
そんな不安はどこへやらと、すっかり日ハムのエースとして君臨し、
チームの日本一にもエース格として貢献した。
日ハムのピッチングコーチは佐藤義則、
そして選手兼バッテリーコーチに中嶋聡という元オリックスコンビなのだが、
彼らのダルビッシュに対する評価がすごく高いのだった。
ちょっと、コメントをいくつか引用してみたい。

佐藤「ダルは気持ちが入っていると、とんでもないことをやるからね」
中嶋「先発の時は思いっきり投げてから出て行くことはないんです。
 でもこの日はブルペンでとりあえず作って、『次、行くよ』と
 言われた後の何球かを、思いっきり投げてから行ったんですよ。
 その時、とんでもなくすごいボールが来た。
 その時のボールの勢いは、自分が体験した中で3本の指に入るほどだった。
 気持ちの乗ったときの松坂大輔や、パ・リーグのセーブ記録を
 作ったときの平井正史よりも上だった」
中嶋「この潜在能力は半端じゃない。こりゃ打てんわと思いました」
佐藤「こんな投手は今までいなかった。天才だよ、天才」
中嶋「球種を順番つけろと言われた時、
 どれだろうなって悩むくらいのピッチャーになりましたね。
 全球種がウイニングショットになりうる。
 そんな投手はいい時の松坂大輔くらいしかいなかった」

うーん、なんか凄いですね。
普通、現在進行形で育てている選手に対して、
ここまで褒めることはしないと思うのですが。
まあ、こんなことで勘違いしないという信頼があるのでしょう。

ところで北海道日ハムで思い出したけど、
「白い恋人」の件ですが。
僕も大好きだっただけに残念です。お土産の定番だったよね。
「名物に美味いものなし」なんて言うけれど、
「白い恋人」や「萩の月」はすごく美味しいと思う。
しかし食べ物メーカーはなんというか、厳しいですな。
まあ人の口に入る物だから、とりわけ慎重にというのはあるけれども。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6010308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by colorcube at 2007-08-18 12:41
「萩の月」はおいしいね!「カモメの玉子」も捨てがたいかw
Commented by shinobu_kaki at 2007-08-19 00:01
>いしさん

「萩の月」のフォロワー的お菓子は全国にたくさんありますね。
というか、「萩の月」がパイオニアだと思っているんだけど、
本当にそうなのかな?
by shinobu_kaki | 2007-08-17 23:27 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31