熱闘甲子園、そして日本代表

「甲子園で野球をしているお兄さん」が年下になると、
高校野球の見方も微妙に変わる。
なんて、もうずいぶん昔の話になっちゃったけど。

今年はまったく甲子園を気にしなかった。
これまではなんだかんだいいながらチェックをしていたのだが、
今年はまったくノーマークで、決勝戦の2校もさっき知った。
つまり、「熱闘甲子園」で対戦校を知り、展開を見、
試合結果を認めたわけだ。我ながらおそるべき無関心ぶりである。

決勝の2校とは名門・広陵と佐賀北で、
8回の裏に佐賀北の3番・副島の逆転満塁ホームランで勝ち越し、
そのまま9回表を逃げ切った。佐賀北は初優勝である。
これはもう十分に劇的な試合展開だと思う。

佐賀と言えば思い出すのはやはり甲子園優勝校の佐賀商業。
決勝の相手は樟南。確か樟南は福岡-田村のバッテリーだったが、
佐賀商業の2番キャプテン・西原が満塁ホームランを打って勝ち越し、
そのまま優勝を決めた試合があった。
どちらも満塁ホームラン一発で試合を決めたわけだ。
今年の佐賀北も「ミラクル」と呼ばれていたという。
佐賀はそういった「力なきもの」が勝ち昇る、
つまりミラクルと呼ばれるチームを生む土壌があるのだろうか。

引き分け再試合あり、延長サヨナラありと、
今年の夏の覇者・佐賀北の快進撃はまさにミラクルと呼ぶにふさわしかった。
そしてミラクルと呼ばれるチームの常として、
佐賀北にスター選手は存在しなかった。

今年の甲子園は大阪桐蔭・中田翔の大会になると言われたが、
大阪桐蔭は地区大会で姿を消してしまった。
中田の最後の夏は甲子園に届かなかったわけである。
松坂のように投げ、清原のように打つと言われた中田翔。
高校卒業してすぐにプロ入りという進路を臨んでいるようで、
今年の目玉となることが約束されている。
過去最高の「素材」は松坂大輔だと僕は思うけど、
中田はそれをしのぐと言われているんだよね。
また楽しみな選手が現れたが、数年したらメジャーへ行くのかな。

さて、今回の甲子園の話に戻る。
決勝の相手・広陵のエース野村だが、よく笑顔を見せていた。
というか、笑顔と言うと聞こえはいいのだが、
なんかニヤニヤしている印象だったんだよね。
ちなみに8回裏の逆転ホームランを打たれた時も笑っていた。
精神的に強いのかもしれないが、笑い過ぎな感じがしたな。
まあ、そんなのどうでもいいですけど。


ところで今日はサッカー、日本対カメルーン戦も行われた。
結果は日本が2-0で勝ち。カメルーンは強国なので、これは喜ばしいことだ。
日本の新しい3トップ、前田に大久保に田中達也、
なんというかとても小粒だ。ちびっ子3トップ(前田は183cmあるが)。
オシムの人選は全体的に小粒志向と思う。
行われているサッカー自体もスケールが大きいとは言いがたい。

つまりこれは、外国人監督であるオシムが、
日本サッカーを、日本人をどう見ているかということだろう。
基本を唱えたオフトにとって日本代表はおそらく、
「基本の出来ていない選手たち」であり、
選手に対して細かい約束事を設けたトルシエにとっては、
「すべてこちらで教えてやらなければならない選手たち」であり、
放任主義と言われたジーコにとっては、
「いい物は持っているのだからやればできる選手たち」であったのだろうと思う。
つまり監督個人の意識や志向が、色濃くチーム造りに現れるのだ。

オシムは日本をどう見ているのか?
それはこれからの日本代表を見ていればわかるかもしれないが、
今の人選を見るにつけ、彼が当初監督をしていた「ジェフ千葉」、
あのチームを扱うがごとくに思っているようにも見えるね。
これといって際立ったスーパーな選手はおらず、細かい技術はある程度あり、
カウンターサッカーができるほどではないが小回り的スピードでもって、
ちょこまかしたパスワークを武器にしていく。
流れの中から得点するような決定力がないので、得点源はセットプレイ。
だから、フリーキックの上手い俊輔と遠藤は外せない…みたいな感じか。

そういえばかつて日本代表が、カウンターサッカーを標榜したことってないね。
世界の監督たちから見ても、向かないってことなんでしょう。
強固なリアリズム的守備ブロックと、一人で突破できるスピードのあるドリブラー。
どちらも日本に欠けているものだと思われるからである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6037667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2007-08-23 00:31 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31