「トニー滝谷」

a0022014_7293557.jpg

映画「トニー滝谷(たきたに)」の監督は市川準だった。
市川準は「病院で死ぬということ」「トキワ荘の青春」などの、
非常に静謐な映画を撮る監督であり、
もともとはCMディレクターであった。
なるほど、各シーンへの入り方、研ぎすまされた映像、
この緊張感は確かにCM的かもしれない。

「トニー滝谷」の原作は村上春樹で、
音楽は坂本龍一で、
主演男優はイッセー尾形で、
主演女優は宮沢りえだ。
もう、これだけで一見の価値があるだろうというキャスト&スタッフである。
あと一般的には認知度は低いかもしれないが、
撮影はCMなどでも活躍している広川泰士、
印象的なデコラティブなロゴはデザイナーの柿木原政広。
要するに一本の「作品」を作るために、
純度の高い才能が結集された映画なのである。

一般に小説の映画化、というのは難しいと言われる。
それは一度小説を読んだ人にとって、すでにその映像は各人の頭に存在しており、
あらためて映画という形で提示されたものに対しては、
その頭の中の映像とのギャップという違和感が100%付与されるからである。
(そういった意味で、漫画の映画化はもっと難しい)。

そのハードルを超えるためには何がしかの「回答」が必要なのだが、
この「トニー滝谷」は、ナレーションとしての小説の朗読を使用することで、
原作の世界観を失わないというトライに成功していると思う。
西島秀俊の訥々としてつぶやくようなナレーションによって、
村上春樹の小説に横溢する「喪失感をともなった自分語り」のようなものが、
「ああ、村上春樹の作品って映像にするとこんな感じだよなあ」
という説得力をもって提示されるのである。

華美ではないそこそこのしかし十分な裕福さ、少なめの会話、穏やかな生活、
ボウル一杯のサラダ、ビール、ガラスの向こうにしとしとと降る雨…。
映画「トニー滝谷」の中の世界は、まぎれもなく村上春樹のそれである。

にぎやかな日常に疲れ、今と違う世界に行きたい時に観たくなるような。
耳をすませて、静かな世界に聞き入ってしまうような。
そしてこの一本の映画が、誰もいないがらんとした小さな部屋のような形で、
自分の中のどこかにずっと存在していくかのような。
静かで、綺麗で、寂しい、しっとりしたいい映画だと思う。

何度も観たい一本だね。すごく好きだなあ。
これ、ぴたっとくる人は多いと思うけどね。
あなたは、どうでしたか?


2004年の映画だけど、まだオフィシャルサイトが生きてた。
「トニー滝谷」オフィシャルサイト
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6055805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIRA at 2007-08-26 10:52 x
オフィシャルサイトを熟読してしまいました。面白そう!!!これは借りてみなくっちゃです。村上春樹の独特の喪失感の説明まで監督がなさってて、はあ、なるほどって思いました。

私はその根底にある喪失感というのがさびし~って感じてどうも苦手です。あと現実っぽい話でありながら宙に浮いてる感じもなんというのか子供の頃に頻繁に見て嫌だった夢に似ててやなんですよね・・・。なんなんでしょうねぇ。
Commented by shinobu_kaki at 2007-08-27 08:24
>HIRAさん

好みが分かれるかもですが、面白かったですよ。
や、面白いというか、良かった。そんな感じ。

>現実っぽい話でありながら宙に浮いてる感じ

ああ、なんか分かるかも。
ひんやりとして、現実味の薄い感じがあるですよね。
市川監督言うところの「顔のない物語」的な。
by shinobu_kaki | 2007-08-26 07:59 | 人生は映画とともに | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30