さようならコンビニ。

家の近所に2軒あったコンビニのうち、
その1軒にあたるampmが今月末で閉店してしまう。
陳列棚の空きスペースが目立つようになってきたと思ったら、
どうもそういうわけだったのだ。店頭に閉店告知の張り紙がしてあった。
もちろんこれでコンビニがまったく無くなってしまうわけではないし、
そちらの生き残ったほうも24時間営業で不便はないのだが、
コンビニが無くなってしまうという現象は街として寂しい。

閉店してしまう理由としては売り上げが悪かったからに相違なく、
それはすなわち客の入りが少なかったということだ。
コンビニに入る客というのはほとんどそれが習慣化していて、
安くなっているから入るとか、何かを買いたいから入るというよりも、
コンビニの集客イコール住民の活発さを表すという部分があり、
それでいきおい街が寂しくなったような気がしてしまう。

少し前には隣の駅前の本屋も閉店してしまった。
近くのマッサージ屋もいつのまにかがらんとしており、
また、とあるレンタルビデオ屋は(未確認だが)昼でもシャッターを上げない。
街が静かなのは歓迎なのだが、静かなのと寂れているのとは違う。
商店が消え去るのはやはり不便だし、困るし、とにかく寂しい。

最初に書いたampmについては、ある時から酒類を売らなくなった。
僕などは、ビールが欲しい時にふと立ち寄っていたのだが、
いつも店に入ってから「あ、そういえばここはビールを置かなくなったんだった」
と気付いて、あらためてもう1軒のコンビニへと足を運んでいた。
そんなことを何度かしていたら、面倒くさくなってしまい、
始めからそのビールを置いているほうのコンビニに行くようになったのである。
酒を置かなくなった理由については正確には知らないが、
以前何度か、ampmで中年の酔っ払いを見かけたことがあった。
酒が足りなくなったので買いに来たのだと思うが、
彼は明らかに酩酊しており、店員は非常に迷惑しているようだった。
そんな店員の苦情を受け、酒を置くのをやめてしまったのかもしれない。
それが原因で、僕のような順序を経て他の客も離れてしまったのだとしたら、
これはもう気の毒としかいいようがない。

まあそもそも、非常に人の少なそうな街ではあるのだけどね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6345574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2007-10-23 10:42 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30