今年の漢字、そして本気のACミラン。

朝起きたら雨であった。
暗かったので目覚ましの時間を間違えたかと思ったが、
確かにいつも通りの朝7時に目が覚めた。

年末も近くなると「今年の総括」なるものが随所で行なわれる。
「今年の漢字」というものもそうで、
いつもその年を表す漢字一文字が選ばれ、
京都清水寺の住職が大きな紙に大きな筆で書を書いてみせる。
(「揮毫(きごう)」というらしい)。
そして今年の漢字は「偽」だそうである。

僕はもうちょっとポジティブな一文字を予想していたのだけど、
確かに今年は「偽」という文字がふさわしい世相ではあった。
1月には好視聴率を誇ったテレビ番組「あるある大辞典」が捏造問題で消え、
ミートホープ、赤福、白い恋人、最近では舟場吉兆などの食品業界もそうだし、
ステロイド使用に関する偽証罪などで起訴されたメジャーの本塁打王ボンズ、
メディアでの大言壮語とは裏腹にお粗末な試合ぶりと幼稚な反則の亀田大毅、
怪我の療養でモンゴルに帰国の折にサッカーに興じてもめた朝青龍などの、
スポーツ界の歪みが多く露呈し、目につく報道が多かった。
時津風部屋の「かわいがり殺人」も、厳密には偽装とは違うものの、
歪んだ裏事情の露呈という意味では近いニュアンスがあった。


サッカークラブ世界一決定戦、「FIFAクラブワールドカップジャパン」、
いわゆるかつてのトヨタカップが行なわれている。
そして今日は浦和レッズがあのACミランと試合する日である。
ACミランは欧州を勝ち抜きながらもこのトヨタカップでは南米に勝てないでおり、
今回はかなり本気で勝ちに来ているようだ。そのミランと浦和が闘うのである。
何が起こるか分からないサッカーではあるのだが、
「浦和がミランに挑む」というパワーバランスの構図は間違いなくあるだろう。
ミランはロナウドを怪我で欠いているが、浦和は中軸・ポンテが怪我で出られない。
しかし浦和にとってのポンテの存在は大き過ぎ、これはかなりのマイナス・ハンデだ。
ただでさえ歯が立たないだろうと思われる相手なのである。
浦和に有利な点といえば、試合会場が日本であり強力な応援が望めることだろうか。
今夜浦和の前に立ちはだかるのが本調子かつ本気のミランだとしたら、
浦和のみならず、世のほとんどのチームに勝ちの目は転がってこない。
日本代表ファンとしては、「本気の世界一流」にフィールドで直に触れた選手が、
選手としてひとつでも上のステージへ昇ってほしい、そういうニュアンスで楽しみたい。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6555711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hira at 2007-12-13 09:38 x
偽・・・ですか。せめて贋くらいが良かったですね。小林秀雄の「真贋」思い出すなぁ。
Commented by shinobu_kaki at 2007-12-13 09:43
>hiraさん

内容がどうもお粗末だっただけに、
むしろ「偽」が合う感じもありますね。
「贋」だとこれはこれでちょっと、風格というか芸がある感じ。
Commented by kitajima at 2007-12-13 14:41 x
はじめまして。
ブログ応援サイトのファイブスタイルです。
ブログの記事、拝見させていただきました。

当ファイブスタイルでは、5つのスタイルの
カテゴリからブログをご紹介出来ればと考え、
担当者の私が1つずつ訪問しご紹介させて
いただいております。

是非、訪問していただければと思います。

詳しい説明はこちら⇒ 
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

12月より会員様のお知らせを告知できる
ページ、専用メール、bbsも開始致しました。
最後になりましたが、不快に思われた方、および
既にご案内を受けた方にはお詫び申し上げます。

ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz
by shinobu_kaki | 2007-12-13 08:39 | エウレーカ! | Trackback | Comments(3)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30