サンタサンタと言うけれど。

「サンタ」という略し方がそもそもおかしいのである。
「サンタクロース」とは「聖(セント)ニコラス」が
伝言ゲーム的に変化して定着したものであって、
つまり「聖なる」という形容詞的な言葉が「サンタ」にあたるのだ。
だから「クロース」と略す方がまだ正しい気がする。
しかし、似たようなケースが我々のごく身近にあった。
「携帯電話」がそれである。
ご存知のように、しばしば「ケータイ」と略される言葉なのだが、
意味としては「携帯できる電話」といった程度の言葉のはずで、
よく考えると「携帯」だけではワケがわからない。
それでも今や「ケータイ」と言えば携帯電話を指すようになっている。
ひとつの言葉としてしっかりと定着してしまったのである。
(追記)そういや「スーパー(マーケット)」もそうだよね。

a0022014_22511850.jpg

トヨカタップ、じゃなかったFIFAクラブワールドカップ決勝、
とりあえず今、観終わったところである。
こういったビッグゲームというのは得てして勝敗優先となりがちで、
つまらない展開になることが多いのだが(だいたいW杯決勝はつまらない)、
いやいやどうして、ものすごく面白いゲームだった。
ボカもやるが、今日は間違いなくミランのための試合だった。
やっぱりカカはすごい!
ロナウジーニョのようなアンバランスな魅力のスターとはまた違う、
攻撃に関してはほぼ完璧な選手。もはや生ける伝説でしょう。
得点をインザーギが決めて、ネスタが決めて、カカが決めて、またインザーギ。
ミランファンにとってはこりゃたまらん、てな素晴らしいゲームでした。
個人的にはガットゥーゾとアンブロジーニが好き(地味だなあ)。

あと、あんまり言いたくないけど日テレはちょっとね…。
「宴会ノリ」が日テレという局の特徴であるとは言え、
世界の一流アスリートの大一番の直後に…なんだかお粗末な印象。
お粗末というか、選手に対して失礼な感じがしてハラハラ。
さんまは日本的文脈の中では「トークと間合いの達人」だと思うのだけど、
ああいう「ワールド・オフィシャル」的な人種の前に出すと、
品の悪い馴れ馴れしさのようなものばかりが目についてしまう。
「ミラン17年ぶりの世界一」という偉業に、その場でお茶を濁したような感じ。


さて、12月も半ばを過ぎた。
いつもそうだが、こっからが早いんだよね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6569139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snow at 2007-12-16 22:53 x
今日は友達の家でX'masパーティーでレッズが3位で良かったな
Commented by shinobu_kaki at 2007-12-17 11:21
>snowさん

ちょい早めのクリスマスパーリーでしょうか。
相手も強かったようですが、レッズは健闘したですよね。
by shinobu_kaki | 2007-12-16 22:50 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31