リアル≠リアリティ

劇団ひとりの自伝的小説、
「陰日向に咲く」の映画版を岡田准一が主演するという。

同じようなケースとして、
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の映画版、
リリー・フランキーをオダギリジョーが演じた。

かつて瀬戸内寂聴を宮沢りえが演じたこともあった。

どれも本人がご存命なのだから、
主演を本人にやらせればいいのにと思う向きもあろうが、
そうもいかない。俳優としての演技力はもとより、
スクリーンのおける「旬の華やかさ」というのが圧倒的に違うのである。
それは集客、つまり映画(ドラマ)の成功を左右する。

仮に、たっての希望があったりして、本人が「本人役」を演じたとしよう。
それはまったくリアルであるはずなのだが(それはそうだ、本人なのだから)、
おそらく映画として見た場合のリアリティを圧倒的に欠くのではないだろうか。

かのチャップリンがこっそりと「チャップリン物真似コンテスト」に出場したら、
2位になってしまったというウソのような逸話がある。

つまり、「リアルであること」と「リアリティ」は似て非なるものなのだ。


ところで冒頭のキャスティングに関しては、
もちろん別人ではあるのだが、なんとなく腑に落ちるところもあるだろう。
そう、皆どこか似ているのだ。
ある程度、同じラインにあるルックスと言っていいかも知れない。

劇団ひとりをうんとカッコよくすれば岡田准一「方向」へ向かうだろうし、
リリー・フランキーを清潔にして若くしてカッコよくすれば、
オダギリジョー「方向」へ向かわなくもないわけだ。
瀬戸内寂聴は…、瀬戸内寂聴は…よく、わかりません(笑)
宮沢りえは「西遊記」の玄奘三蔵を演じたことがあるし、
スキンヘッドの似合う女性つながりと言えなくもない。

今、瀬戸内寂聴の自伝のような本を読んでいます。
「晴美と寂聴のすべて」。
自伝というか、エッセイ・雑文集という感じだろうか。
やっぱり文章きれいだよねこの人。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6579231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2007-12-19 19:30 x
例によって、ちょっと似てるけど結構違う系の話で恐縮ですが、
TV(アニメ)とかラジオで使われる効果音(SE) も、
「実際にその行動をした時に出る音」を録音して流しても、
全然それらしく聴こえてこない、という話もありますね。
人を殴ったり斬ったりする音、とか(いちいち殴ったり斬ったりしてらんないけど)、
馬が走る蹄の音、サッカーボールを蹴る音、波の音、とかとか。

この場合、
どっちが瀬戸内寂聴で、どっちが宮沢りえにあたるのか、については、

多分、どっちでもない、というのが答えですね。

どうでもいいですね。
Commented by Crystal_Beer at 2007-12-19 19:31
タイムリー♪私も瀬戸内寂聴の対談集読んでました。
「人生相談」ってやつ。

波瀾万丈な人生を送ってきただけあって懐の深い方だなぁと思いました。


寂聴の自伝もヨサゲだすね。
今度探してみます♪
Commented by shinobu_kaki at 2007-12-20 18:37
>くろさん

>「実際にその行動をした時に出る音」を録音して流しても、
>全然それらしく聴こえてこない

そうそう、それそれ。面白いですよね。
まったくそういうなんだよね。

かつて「おすぎとピーコの法則」があったように、
(頭の中では似ているけど、並べると実は似ていないということ)、
今回我々は、この問題を「寂聴とりえの法則」と呼ぶことにした(したんか)。
Commented by shinobu_kaki at 2007-12-20 18:38
>びわさん

をを、そりゃタイムリーな。
それにしても出家得度、どんな心境になるもんかねえ。
by shinobu_kaki | 2007-12-19 16:57 | エウレーカ! | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30