オバマ上院議員はアメリカ大統領となるか?



Obama's Victory Speech(youtube動画)


映画ではモーガン・フリーマンが演じたことのある「黒人」大統領ですが、
ここに来て民主党のバラック・オバマ上院議員がその座につきそうな勢いです。
(オバマ議員はケニア生まれの父とスウェーデン系白人の母とのハーフで、
純粋な意味での「アフリカン・アメリカン」ではないが)。


ともかく大統領候補はスピーチ上手、ということで、
こんな面白い記事がありました。


オバマ上院議員の演説に達人の技を見た!
たった14分間のこのスピーチには、キング牧師やケネディ大統領のスピーチを
十分に研究した構成、候補者指名と大統領選挙を見越した戦略性、
そして浮動票に訴える強いメッセージ性のすべてが入っていてうならされます。
(上記サイト内より)


参考までに、スピーチ全文。
Obama's Victory Speech 書き起こし(CNNによる)



さて、大統領の出てくる映画というのはいくつもあって、
そのたびに当然、大統領という役がキャスティングされることになります。
過去、アメリカ大統領を演じたことのある俳優を拾ってみました(全部じゃないよ)。

マイケル・ダグラス『アメリカン・プレジデント』
ドナルド・モファット『今そこにある危機』
ビル・プルマン『インデペンデンス・デイ』
ハリソン・フォード『エアフォース・ワン』
クリフ・ロバートソン『エスケープ・フロム・L.A.』
ティム・ロビンス 『オースティン・パワーズ・デラックス』
チャールズ・ダーニング『合衆国最後の日』
ブルース・グリーンウッド『13デイズ』
グレゴリー・ペック『サイレント・ボイス』
ジェフ・ブリッジス『ザ・コンテンダー』
ゴードン・ヴィンセント『地球爆破作戦』
モーガン・フリーマン『ディープ・インパクト』
アンソニー・ホプキンス『ニクソン』(ニクソン大統領役)
ピーター・セラーズ『博士の異常な愛情/
または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』
グレン・フォード『復活の日』
ロイ・シャイダー『ピースキーパー』
ロニー・コックス『ホワイトハウスの陰謀』
ジャック・ニコルソン『マーズ・アタック』
ジーン・ハックマン『目撃』
ヘンリー・フォンダ『未知への飛行』
ヘンリー・フォンダ『メテオ』
ダン・エイクロイド ジャック・レモン ジェイムズ・ガーナー『元大統領危機一髪』
ビリー・ボブ・ソーントン『ラブ・アクチュアリー』
(番外)デニス・ヘイスバート『24 -TWENTY FOUR-』TVドラマ


最後のデニス・ヘイスバートは、映画「メジャーリーグ」で、
ブードゥー教信者のインディアンスの4番打者、セラノを演じたあの人ですね。
個人的にはジャック・ニコルソンの大統領がMADな感じでいいなあ。
関連記事:There are four more years.
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6661545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-01-10 16:36 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31