スペックではなく

「わけのわかんない腹の虫がはたらいて、
『あ、この人だ』と思った人と一緒になったほうが、
たとえ相手がいろんな点で欠けていても、
しまいにはうまくいくようだね。
少なくとも自分は満足する。
損得で選ぶと、お互いに期待に値するような存在じゃないことは、
すぐにわかっちゃう。」

加島祥造(詩人・墨彩画家)


感覚的な判断というのは決して薄っぺらいものではなく、
服を買ったり家を探したり、お店で食事のメニューを選んだり、
また好きな相手を判断したりというケースで、
我々は常に感覚的な判断というのを行なっている。
むしろ頭や理屈で知覚していると思っていることなんて、
ほとんど自分を納得させるための材料でしかないことが多い。
これは人間の弱さの部分だ。
つまり失敗、後悔が怖いので、間違った時の「理由」が欲しいのである。
腹をくくるということはそれほど難しい。
そうして、自分が本当に欲しかったものを見失ってしまう。

僕の場合は経験上、
人生に関わるような大きな選択の局面のほうが、
むしろ腹をくくるのは楽だった気がする。
逆にすごく小さいことで迷ったりしてね。
そんなことを思うと、後悔の大きさと選択を逡巡することは、
必ずしも比例しているわけではないようである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/6780190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snow at 2008-02-12 00:38 x
そうですよね!人間は見かけに左右されますが 結局本能ですよね!私は去年の6月に転職(知り合いから紹介された)したんですが今はハッピーです。前に片思いしてた彼には砕けました
Commented by shinobu_kaki at 2008-02-13 08:06
>snowさん

転職おめでとうございます。
僕は現在の会社に入って6年めに突入していて、
今まで勤めた会社の中で一番長い勤続年数になりました。
なんだかしみじみです。
by shinobu_kaki | 2008-02-11 11:24 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31