アタマいい?

ちょっと久しぶりにダラダラ書く。酔ってるけど。

「あの人アッタマいいよね」とかよく言うけど、それを言う人に「アッタマいい」ってどういう事なの?って具体的に聞いてみたい。それは何しろ僕は「そこ」に入らないというダンコたる自信があるからなわけだが、抽象的な気分だけの評価や形容を嫌う僕としては、ちょっとキモチの悪い言い方なんである。いきなり結論(私的な、ね)から言うと、それは良く整理されたPCのデータみたいなものかな、と思う。例えば、人のマシンを触る機会があって、何かファイルを探さないといけないっていう状況があるとする。その人が休んでたりしてさ。僕はマックユーザーなのでそれに基づいた話をすると、きちんと整理されてるPCってのは、初めて見た人でも欲しいファイルに辿り着ける。シャーロックの検索とか使わなくても。ディレクトリが非常にクリアになっていて、フォルダを上手く使っている。どういう系統で整理されてるのかがすぐにわかる、そういった脳の状態が「アッタマいい」ってことなんじゃないかと。「あれは?」って聞かれても「ああ、それはこれ」ってすぐ提示できる。そういうこと。
人の脳ってある意味OSだからさ。
ていうか、OSが人の脳を模して作られたのか?いや、全然知らないけど、なんとなくそう思う。合ってる?教えて、偉い人。OSは個々のバージョンによって性能に違いはあるし、インストールできるアプリもモノによって違う。いろいろ対応できたほうがそりゃあいいが、そこは個体差がある。あのアプリが使えたOSだから、未知数だけどあれも使えるんじゃないかとか。あいつはメモリがもう一杯一杯だとか。もちろんそれだけじゃない。そんな簡単に、一面的に人を計れるわけがないから。今のは「仕事」とかに関してね。で、戻るけど、最近急にたくさんの人に会う機会があった。ちょっとしたイベントに参加して、普段この仕事をフツーにやってるだけでは生涯リンクしないだろうという若く、才能ある人たちに会う機会に恵まれた。そんな彼らの中には「アッタマいい」という印象を抱かせてくれる人が多かったのね。で、そういう人って、今回の彼らに留まらず僕の経験上、みんな屈託が無い。とてもさっぱりしてる。対外的に分かりやすい感じなわけ。分かりやすいってバカっぽいって聞こえそうだけど逆で、なにしろ仕事において「優秀」ってのは、「価値観がハッキリしてる」人の事を言うものだから。余分なモノがないというか。デザイナーはそういう意味で傾向として聡明ではない。いや、優秀な人はもちろん多いし、僕はたまたま優秀で有名なデザイナーやディレクターを何人か見る機会にも恵まれたわけだけど、ちょっとまた違う脳の使い方でね。もう結構酔ってるな。いいのか?こんな状態で書いて。でもまあこういうのも面白いんじゃない。

河合隼雄がたしか書いてたけど、日本でもっとも優秀と言われる官僚とか、まあそういった人達っていうのはとにかく説明が上手い。真面目に聞いてると、全部言いくるめられてしまう。まあ弁護士とか検事とかもそうだよね。ただ、物事はちゃんと全部説明しようと思うと説明不能になる。だから、説明の上手い人って言うのは自分の都合のいいように、何かを捨てて話している。これは僕も凄くよく分かる。
ちょっと違う話になるけけど誠実過ぎると駄目なんだよね。そのジャンル自体に畏れを抱いてるうちは、エポックな仕事なんて出来るわけがない。ジャンルというものに対して残酷な視点というか、ちょっと傲慢なくらいじゃないと駄目だよ。たけしが映画で成功してるのはそこもあると思うんだよね。たけしは映画というジャンルは好きだけど、畏怖は抱いてないと思うのね。

創作的な脳の使い方っていう話をすると、作家の中島らもがコピーライター時代にやっていた方法で、まず大きな紙を用意するんだって。B2とか、大きな一枚の紙を。それで、真ん中に今回のお題の言葉をまず書いて、そこから連想される言葉をどんどんその周りに書いていく。そうすると、大きな紙が言葉で埋まっていくよね。で、インスピレーションで書き出してる言葉どうしが、書いてる本人も意識しないとこで結婚したりするんだって。結果、新鮮なコピーが生まれたりする。だから組み合わせなんだよね。「まったく新しい日本語」を作ってもしょうがなくて(吉田戦車の漫画に「み」を裏返した言葉を開発したっていうのがあったけど)、それは商品としては多分使えない。詩じゃないんだから。広告は届かなくっちゃしょうがない。とは言え、いろんな意見を聞いてたらあまりに普通で引っ掛かりのないものになっちゃうけどね。まるで小さくてツルツルした下流の石みたいに。それは商品にはなるかも知れないけど、わざわざ作る価値があるのかよく考えないといけない。ウチのポストに届くDMとかって何かを告知してることはわかるけど、はっきり言ってゴミばっかりだよ。貴重な地球資源を削ってまで作る必要があるのか、今自分がやってる事も含めて考えたい。いつもそう思うね。時間と資源の大いなる浪費。だから世の中的に媒体がウェブに移行してるのは、利便性だけじゃなくそういった意味でも自然な流れだと思うんだよね。
ちょっとずれたけど、クリエイティブは基本は編集。アイデア出しの時はよくやるでしょ。ロゴマーク作るにしても、「M」なら「M」のキーワードで連想できるだけ書きだしていく。で、ちょっと前にメモった形とくっつけて新しいのが出来たりして。そういう発想って系統じゃない。思いつき、インスピレーションの世界だから。

長嶋茂雄はインタビューとか、みんな結構ヒヤヒヤしてたじゃない。へんな横文字使ったりさ。ダイジョブか?この人、みたいな。でも、あんなに見事な動きが出来て、優秀な野球選手って事は、脳の性能が悪いわけがない。まあだいたい優秀さって「言葉」で計られるケースが多いから、彼の場合は他の表現形態があったのが幸福とも言えるけど。でも長嶋さんのあの明るさは何をやってもいいとこに行った気もするね。なんとなく騎馬戦で上に座るやつ、みたいな空気があるよ。華がある。これは自覚的には得られないものだから。何の話だっけ?

最初の話に戻ると、僕は人を見るときに「アッタマいい」って事に対してはそんな重きを置いてないのね。いや、ひがみじゃなくて(笑)人として、そこは別にどっちでもいい。っつうかそういう意識で見てる時点でこだわってるように読めるかもだけど、ええと何ていうかな、その物差しは僕には無いの、ホント。一緒にいた人とかに「あの人?ああ、アッタマいいよね」って言われて初めて思うっていうかさ。そりゃあ頭悪いよりはいいほうがいい。でも、そこで人を計るというか、話してみて目から鼻へ抜けるようにしないと瞬時にバカにしたがる人って確実にいるからね。僕はそういう人を逆に軽蔑する。その小ささを。僕が最もうんざりするのは「無神経で失礼な人」だけど、同じくらい軽蔑するね。特に具体的に何か攻撃するわけじゃないけど(笑)二度と関わらないようにする。いや、お前が無神経で失礼だよとか言わないで(笑)うーん、そういう墓穴って掘りがちだけど、まあ酔っ払いの独りよがりの夢見語りとして聞いて。「人を馬鹿にする人」っているから、それに嫌悪を抱くっていう話。で、どこに重きを置くかっていう話だけど、やっぱり優しい人を尊敬するね。僕は。気遣いの出来る人。それで押しつけがましくない人。最初の言に反するけど、抽象的に言うと「品のいい人」だな。おかげさまでそういう人は何人か知ってる。その人たちとは今もつきあいがあるし、そんなに会えなくてもいつも僕は近くにいる気がする。10代とか、若い時はがっかりさせられる事が本当に多くて、尊敬する人なんていなかった。明言してた。「尊敬する人?いません」。でも、尊敬する人がどれだけいるか、その人たちをどれだけ深く敬えるかってのが自分の豊かさじゃないかって思えるんだよね。今は。つうか「豊かさ」ってのは「幸せ」なんていう曖昧で個的なものじゃなく、生きててもっとも求めるべきものだと思う。快楽幻想でもなんでもいいよ。豊かならいい。最初の「アッタマいい」かどうかはその為のひとつのツールにしか過ぎなくて、だから大したことじゃない。だから僕は「あの人アッタマ良い」とは形容しない。ほとんどしてないと思う。そんなことはどうでもいいんだよ。なんてね。

でも、聡明で屈託のない「アッタマいい」本人達は、そんな事はいちいち思わなくても無自覚にどうでもいいことなんだよね。その内側にいるからね。素晴らしい。

ええと、ここまで推敲もしないで送信。えいやっ。
明日慌てるかな。怖いなあ。まあいいや。
ここを読んでくれている愛すべき人たちよ、
長々とおつきあいありがとう。
これからもナマ暖かい目で見てやってください。よろしく。
MY LIFE AS A DOG.

おやすみ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/697474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from klgccvr at 2006-09-09 00:41
タイトル : klgccvr
nijyxka ootaxgu zbykbfp rwrlyju nbbtovu... more
Commented by shinobu_kaki at 2004-07-20 11:59
一夜明けて読むと、そんなにハチャメチャじゃないね。
ぐちゃぐちゃだけど(笑
「でも」とか「だから」とか接続詞が多いなあ。

んでナーバスだね。
ちょっとナーバスになってるね。
よくないです。

見直してあまりに酷かったら
サイアク消そうとも思ったけど、
まあいいんじゃない。
反省も含めてさらしておこう。
Commented by sasa at 2004-07-20 19:40 x
蟹場のテントでさ、
柿氏がここに書いてたようなことを話したような記憶があるね。
「尊敬する人が両親なんていうやつはクソだね」とか。
あーティーンネージャーの戯言よ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-07-20 20:01
うわーそりゃ痛いね…。
両親を尊敬しろYO!>昔のバカなオレ
まったく覚えてないけれどもね(笑

まあなにかと痛い時期ではあったね。
若いって痛いよ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-07-20 20:40
でもね、
今も両親に対する感情って
「尊敬」とはちょっと違うんだよね。
お世話になったし、間違いなく大事なんだけどさ。

つうか、ササ、
お前さんもそんな事覚えてなくていいんだよ!(笑
まったくやたら記憶力がいいんだから。ぶつぶつ。
あ、蟹場って懐かしいネ。
Commented at 2004-08-10 12:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by shinobu_kaki | 2004-07-19 22:11 | ライフ イズ | Trackback(1) | Comments(5)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31