今週の週刊モーニング。



今日は満月ですね。


さて木曜日は週刊モーニング発売日。
なんだかんだとモーニングの連載は粒ぞろいで面白いと思うのです。

a0022014_12244799.jpg

巻頭ページ、井上雄彦「最後のマンガ展」告知。
これはかなり人気らしいです。上野の森美術館にて。
それにしてもモーニングは強力な作家を手に入れたというか、
井上雄彦はちょっと漫画家の中でも別格な感じすらします。
「BRUTUS」や「SWITCH」で単独特集が組まれる漫画家というのは、
そう多くはないですよね。風格があるというか。
今の描いている時代物という題材も「巨匠化」に拍車を掛けているようで、
反面、「バガボンド」という作品は純粋な面白さから遠ざかっている気もする。
井上に関しては、編集者とかも「玉稿を賜る」という感じじゃないかな?


宇宙兄弟(小山宙哉)
この人、モーニング編集部のプッシュがすごかったんだよね。
「ジジジイ」という元気なじいさんの話や、
「ハルジャン」というスキージャンプの話の時も、
編集部がものすごく期待している、もしくは売り出そうとしているのが
ビシビシと伝わるアオリ文の連発だったんだけど、
実際に読んでみると正直それほどでもなくて、それがちょっと格好悪かった。
今、連載している「宇宙兄弟」は比較的面白い。しっかり読んでいる。
要は映画「ライトスタッフ」のような設定で、今は宇宙飛行士試験の真っ最中。
この人の作画は、いろんなマンガからチョコチョコ頂いている感じがする。
妙に既視感のある絵柄なのだ。ただ、驚くほど動きがない。

天才柳沢教授の生活(山下和美)
うーん、この人に限ってこれはないと思っていたのだが、
ここんとこの「柳沢教授」はつまらなくなっている。
いや、こういう言い方は曖昧だな。「僕が面白いと思えなくなっている」か。
モーニングツーで連載している「不思議な少年」のほうは、
ものすごく僕が好きそうな設定だと思ったが、意外に入っていけなかった。
「柳沢教授」もちょっとこれに近い方向に行っている気がする。
かつての「柳沢教授」は、読んだ人に人生を肯定的に思わせるものがあった。
山下和美のすごさは、思想・表現的な作家としての部分と、
エンターテインメント職人としてのバランスにあると思っている。
それが、ちょっと作家寄りになっているという印象だなあ。
簡単に言うと、最近読んでも「響かない」のである。
これは作品との相性だとか、読み手である僕の変節とかではないと思う。

GIANT KILLING (綱本将也/ツジトモ)
ノッているマンガ。シンプルで元気、ダイナミックで動きのある作画がいい。
個人的には「今、一番面白いマンガのひとつ」としてプッシュしたいところだが、
シンプルすぎるところが薦める相手を選びそう。でもそれがいいんだよね。

ジパング(かわぐちかいじ)
大ベテラン。この人の描くキャラクターは総じて「目がかわいい」。
どちらかというと、ほのぼのマンガの系統に属する瞳である。
キャラの目がかわいすぎて、生殺与奪の場である戦場を描いている割には、
どうしても爽やかでソフトな印象が残ってしまう気がする。
それが良いほうに作用しているのかどうかはわからない。
あと、キャラの描き分けが苦手な作家さんの部類と思う。みんな顔が似ている。
この部類の極北はもちろん「キャプテン翼」である。

OL進化論(秋月りす)
いつまでたってもクオリティが下がらない…すごい。
ところで4コマ作家さん全般の原稿料が気になります。

特上カバチ!!(田島隆/東風孝広)
いつも思うのだが、主人公である田村に共感しづらいね。
あと、主要登場人物の心の変節をストーリーの幹にするのではなく、
こうして「依頼」という形で次々に色んな人のケースに絡めて行くのであれば、
この形式は超・長期連載になりうる構造と思う。
もともと「ナニワ金融道の不肖の息子」のような印象があったが(個人的にね)、
この作家さんの性格や物の見方がそうなのだろう、
ちょっとおせっかい要素の入った「泣き」の人情話を絡めてくるところが、
「ナニワ金融道」と大きく違うところ。クールじゃないのだ。

かぶく者(たなか亜希夫)
ひっくり返るほど面白くなった。これは驚いた。タイトルは「かぶくもん」と読む。
「その世界のルールを知らなくても面白く読ませる」のは大変な力量だ。
かつての「ヒカルの碁」なんかがそうだけどね。
井上雄彦に絵が似ている、という指摘がたまにあるが、逆だよね。
逆というか、たなか亜希夫のほうがキャリアの長いベテランだったりする。

ひまわりっ(東村アキコ)
自分自身が主人公のモデルのマンガ、であるらしい。
副主任とエビちゃんの絡みの部分は懐かしネタ満載でクスリと笑うが、
それ以外は健一の恐竜並の鈍さであるとか、父親のキャラにどうもなじめない。

神の雫(亜樹直/オキモト・シュウ)
なんか独特の様式美を確立しつつあるワイン蘊蓄マンガ。
今シリーズではマッターホルンに登りました。
ちなみに原作の亜樹直(あぎ・ただし)がMMRキバヤシのモデルなのは有名。
な、なんだってー!!

ディアスポリス(すぎむらしんいち/リチャード・ウー)
独特の世界観。「異邦警察」のサブタイトル通り、異邦人がよく描けていると思う。
次々と人が死んでいくハード・コアな物語ではあるのだが、
それほどエグさを感じないのはすぎむらしんいちの作画によるところが大きい。

シマシマ(山崎紗也夏)
滑り出しが素晴らしかったが最後が寂しかった「はるか17」の次作。
昼はアロマエステのオーナー、夜は「添い寝男子派遣業」の顔を持つ女性が主人公。
この話はまだテーマがいまいちよく見えていない印象。
「添い寝屋」を通して世の中の寂しい女性の群像を描くのかと思いきや、
そちらの展開もそこそこに、主人公の女性の恋愛話へとシフトしている。
さらに添い寝屋メンバーとして、何人かの魅力的な(設定の)男性も登場させており、
これらの素材をどう練り上げていくか、というのが待たれるところか。

しかしあれですね、「という印象」とか「待たれるところ」とか、
我ながら無責任というか適当というか、主語のない言い回しをしてますね(笑)

ラッキーマイン(鈴木マサカズ)
「カイジ」をやろうとしているのか?
あと、タイトル題字の吉川壽一(よしかわじゅんいち)、
「バガボンド」(今は変わってしまったが)、「ジパング」もそうだし、
上記2つは作品のテイストからして筆文字も合っていると思うけど、
このラッキーマインについてはちょっと違うんじゃない?という気がするんだが。

エンゼルバンク(三田紀房)
「ドラゴン桜」の続編だが、「就活」というテーマは時代のニーズとしてあるものの、
東大受験ほどの新鮮なインパクトはない。ので、難しいね。
「東大に受かるにはコレをしろ」という法則化ができるのが面白かったのに対し、
就職というのは一種マニュアル化できない部分であり、
「最終的にはその人それぞれの魅力と本気度」という結論が待っていそうで、
そうなると「2本目のドラゴン桜」として読み始めた読者にとっては、
どうしても消化不良を起こさざるをえない構造になってしまう。

華和家の四姉妹(柴門ふみ)
申し訳ないがやはり「すでに終わった時代の徒花」という印象しかない。
「トレンディ」という言葉が恥ずかしい過去となったように、
柴門ふみが今まで許されてきた作画の荒さだとかご都合主義だとかが、
今こうして「冷静に」見ると、もう辛いところが正直ある。
「華和家の四姉妹」は今週で最終回。
終盤は正三郎絡みのエピソードに終始してしまい、
全体としてのバランスを欠いた気がする。

営業の牧田です。(かわすみひろし)
「大使閣下の料理人」はすごく良かった。次の「プラチナ」はこけて、
今回の「営業の牧田です。」もいま一つ冴えがない。
主人公のサラリーマン、牧田のキャラが中途半端なのがいけないのか。
中途半端というのは例えば、このマンガを知らない人に伝える時に、
「これこれこんな人がこういうことをするマンガ」と要約して言いづらいのだ。
「ビール会社の営業の男が…」…はて、何をしているんだろう。
かわすみひろし描く人物はマンガ的で魅力があるだけに、
「プラチナ」「営業の牧田です。」はここのところがもったいない気がする。
その点、「大使閣下の料理人」はシンプルに言えるものね。


面白い、読んでるといいながら辛口になっている気がする(笑)
でも褒めているだけじゃ気持ち悪いですからね、とフォロー。

総じてモーニングは大人の観賞に耐えるというか、
ちゃんと面白くてテーマもしっかりしているマンガが多いと思います。
あと、進取の気風に富むというか、新しいことをやろうとする姿勢がいいと思う。
わりかし実験的な作品をポンと載せちゃったりするのもモーニングの魅力だしね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7226079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こーさく at 2008-06-24 01:39 x
最近のジャイキリとかぶく者の面白さはガチですよね!
漫画の勢いに引き込まれる感じ。
きっとこういう計算外の作品が生まれやすい土壌なんでしょうね。
反面、ムーたちみたいに
いつの間にか終わってる漫画も多いですが…
Commented by shinobu_kaki at 2008-06-25 09:26
>こーさく

なんだかんだと木曜日が楽しみな僕だったりします。
編集長が優秀なのかな。モーニングからはパワーを感じます。
トライする中ではある程度のアレは仕方ないですよね。
by shinobu_kaki | 2008-06-19 12:11 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31