7番目の芸術。

どこかで読んだのだが、
映画は「7番目の芸術」と呼ばれているらしい。
では、1から6の芸術は何だろうか。

調べてみたらすぐに見つかる。
「検索」って便利だねー。
ちなみに答えは、
「絵画、彫刻、音楽、文学、舞踊、建築」(順不同、らしい)
以上の6つである。

一番原始的なのは、やっぱり音楽だろうか。
人が声を出す事がすでに音楽だからね。

舞踊は音楽とセットだと思う。
音楽があって舞踊があるという順番じゃないかな。

絵画はルネサンスの宗教画において隆盛を極めるが、
もっとプリミティブな、洞窟の壁画なども絵画と言えなくもない。
ラスコーの壁画を絵画の始まりとする説があるが、
だとすれば2万年以上前であり、歴史としてはずいぶん古い。

彫刻は基本的に立体だから、絵画の次ではないかと思われる。
しかし彫刻は、実は定義づけが難しかったりするようだ。
例えば「ボコッて感じで盛り上がってる絵を彫刻と呼ぶか?」とかね。

芸術としての建築はずいぶん後でしょ。
洞窟に掘った穴ぼこの住居を「建築」と言うなら分からないけど。

そして文学。
これ、琵琶法師が平家物語を伝えたような「口伝」も含むのであれば、
一気に範囲が広くなる。ここでは書物としての文学、でいいのかな。
それとも言語表現すべて?

最初の文学とはなんだろうね。
例えば夜、何人かの狩猟民たちがたき火を囲んで座っていて、
いつものように「実利的な」情報交換としての会話をしていたとする。
それは明日の糧を得るために必要なことなのだが、
そもそも狩り自体が大変な仕事なので、狩りの話を苦痛に感じる人がいた。
こんな話はつまらない、もっと面白い話を何でもいいからしようぜ。
そんな時の表現ツールは言葉だけである。
ではどうやって面白くするのか?
やはり、シンプルに考えると相手を笑わせるのが面白い。
どうやって笑わせるか。もっとも直接的なのは「ボケること」であろうか。
つまり、今ある話題からほんの少しだけ「ずらす」。
ずらして、馬鹿のふりをする。馬鹿のふりをして安心してもらう。
人が笑うのは、安心した時と相場が決まっているからである。
例えばみんなでたき火に向かって座っている時に、
なぜか1人だけ外を向いているとかね。
しかし、笑わせようとするばかりでは飽きてしまう。
怖い話、泣かせる話、びっくりした話など、
徐々に人は人の話に耳を傾け始める。
その中でも、話が上手くて語り口に魅力があり、
おまけに声の良いやつが重宝されてゆく。
話せば話すほど人は慣れて上手くなっていくから、
いつのまにか熟達した語り部が1人誕生するよね。
…あれ、何の話だっけ?

映画は歴史が浅い。
そしてあまりにジャンルや「志」の幅が広すぎる。
僕は、映画は「サブカル」の範囲に入るのではないかと思っていた。
でもそうではないらしい。
さらに言えば、こういったカテゴライズというのは日々、
じわじわと変わっていくものだということだろう。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7251411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-06-27 15:56 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31