フォルクスワーゲン・フォークロア。

先日、本を読んでいて「folks」という単語を見つけた。
民族の、というほどの意味だそうである。
いわゆる「フォークダンス」、民間伝承を意味する「フォークロア」、
さらにドイツ語読みをすれば「フォルクス」で、
とくればこれはもう「フォルクスワーゲン・ビートル」を思い出す。

「フォルクスワーゲン」という言葉は、
「(ドイツ)民族の車」という意味なのだそうだ。
つまり英語で言うと「people's car」ということになる。
「ピープルズカー」ではなんとも格好つかないというか、
逆にドイツ語の響きの仰々しさを思い知らされる。

ちなみにフォルクスワーゲンで思い出すのは、
僕の生まれた家の近くにあったA医者のことである。
A医者は小さい個人医院だったのだが、
風邪をひいた時などは時々看てもらいに通っていた。
本当かどうか知らないが、当時そのA医者は「やぶ」との評判が立っていた。
あるいは心ない子供が、単に「やぶ医者」という響きが面白くて、
委細構わずA医者を「やぶ医者」と呼んでみただけなのかもしれなかった。
秋田の小さい町の、ドイツ車というよりはトラクターがお似合いな風景に、
水色のフォルクスワーゲンはとても目立った。
当時の僕らはそのA医者のフォルクスワーゲンについて、
決してポジティブな印象を持たなかった。少なくとも僕はそうだった。
しかし今にして思えば、
フォルクスワーゲンに乗った町医者というのは、
なかなかシャレていたとすら言える。
実際にA医者が「やぶ」だったかどうかの記憶は、もうない。

あとフォルクスワーゲンと言えば、タカラの「チョロQ」だろう。
子供の頃の僕は、チョロQを狂ったように買い集めていた。
片っ端から飽き足り壊してしまったり、
あるいは文字通り、新しいチョロQに乗り換えたりして、
いつも大量のチョロQが手元にある、という状態ではなかったが。
そして「コロコロ」を愛読していた同世代の人なら共感してもらえると思うが、
当時連載していた「ゼロヨンQ太」というマンガの(懐かしいね)、
主人公の少年の「愛車」がフォルクスワーゲン・ビートルだったのである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7266323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユウイチロー at 2008-07-03 01:10 x
チョロQ、僕も集めてました。
近所の店では手に入らない限定ものが欲しくて銀座まで親に連れていってもらったりしてましたねぇ。

そういえばチョロQ流行ってた時期ってフォルクスワーゲン流行ってた気がしますね。
街でよく見かけました。
でも子供心になんだかダサい車に乗ってるな~とか思って眺めていた気がします。
Commented by shinobu_kaki at 2008-07-03 13:59
>Qイチローさん

ドイツつながりで言うと、
コンバットチョロQも男の子ゴコロをくすぐられて好きでした。
フォルクスワーゲン、
ダサいかオシャレかは置いといて(まあオシャレではないかな)、
僕はあの割り切ったフォルムがなかなか好きだったりします。
ちなみにシトロエンも好き出し、ミニも好きです。

by shinobu_kaki | 2008-07-02 08:53 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31