個性と勇気。阿久悠&ジョブス


売れないけれど、いいねとか、凄いねとか、面白いねとか、
新しいねとかいわれる作品は書けるはずで、
そっちのタイプでありたいと思いつづけ、それがぼく流の意欲であった。
売れなくてもいいと、思っているわけでは決してない。
売るために志を変えないだけのことで、
これが売れたら最高なんだがな、と常に思っている。
それは無名の時から、三十五年過ぎた今でも、少しも変わっていない。


(阿久悠/作詞家)


これ、いいですね。

商業ベースで「事情」におもねる、
大仰な言い方をすると「魂を売る」という状況は、
何かを制作する仕事においては常に起こり得る。

でも、自分自身のオリジン、
かけがえのない固有性というのは、
何人にも侵されるようなものではない。

スティーブ・ジョブスは有名なスタンフォード大学のスピーチで、
以下のように言っている。

他人の意見の雑音で、自分の内なる声をかき消してはいけない。
最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。
心や直感は、君たちが本当になりたいものが何かを、
もうとうの昔に知っているものだ。
だからそれ以外のことは全て二の次でいい。



共通項は、「勇気」ということかな。
自分を通すのって、軋轢に負けないだけの勇気がいる。
そんな自分を守るために狡猾さ、したたかさは必要だけど、
それより何より自分を信じる勇気のようなものが、
青臭いと言われようとも大切なのだということ。


今日は、いや今日「も」とても眠い。
なんだか春みたい。
夏ってこんなに眠くなる季節だったっけ?
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7307310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-07-15 18:34 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31