ザ・シップ・オブ・ライフ。

きっと蛇足になっちゃうんだけど、
MIKA!ちどりあしの前半読んでて思ったので遅トラバ。

「安定した生活」ってちょっと旧時代のテーゼかもしれんね。
これまでは海が太平洋みたいに穏やかな前提で、
みんなそれぞれの船に、足場とその安定を求めてた。
人によっては豪華客船、人によっては小さなイカダ。
もちろん大きな船を持つのが良しとされてた。
みんなそのために頑張った。
それで良かった。それで上手くいってた。
今は、いつ大きな波がくるかわからんちん。
しかも波がいちいち本当にでかい。
多少大きめの船なんかちっとも安心じゃないし、
そして板子一枚下は波立つ海だ。こりゃ不安だ。

確かに大きな船のほうが転覆の心配は少ないし、
イザというときの食事も積んでいる。
でもそんなんじゃなくても、小さな船で十分という人もいる。
それに今は、大型船を作るための材料が絶対的に不足してる。
材料が余ってる人は、自分の船がいつどうなるかわからない不安感からか
それを他人に見せないし、供出もしない。
そのせいで前に比べていい船が作りづらくなってる。
みんなに材料が行き渡らない。悪循環だ。

しかし皆、海には出なきゃいけない。
旅だ。
ひとり旅は気楽だし、コストも比較的かからない。
でも、旅にはパートナーがいないと絶対的に寂しいし、
パートナーがいればイザというときに助け合える。
というか二人一組っていうのがもともとの適性パーティだ。
それに人と船が老朽化してくなかで、
新型船を生み出して自分たち存在自体を継いで行く必要もある。
もちろんそうじゃない選択肢もあるが。

自分にとっての快適な船を探さないといけない。
「不安定だから安定を求める」というよりも、
「恒久的な安定」っていう発想自体が、
この不確かな世界においては幻想かもしれないという意識を持つこと。
「社会」とか「世間」を信用するんじゃなくて、
自分と、自分の周りの愛する人に拠ること。



比喩というか、かなりまんまだがそういう感じ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/752491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかちどり at 2004-07-27 15:08 x
トラバどうもありがとう。

船の問題もあるけれど、荒れ狂う海自体を楽しんじゃうって人もいるよね。
波が高ければ高いほど面白い。
水を被ろうが何だろうがへっちゃら。甲板に出てロープを締め直せばいい。

でもその一方で、どんな船であってもいいから、乗るべきところは何でもいいから
ひたすら穏やかな海を望む人もいると思うのです。

でも、それもその人の選択だからさ。
難しいよね。
Commented by shinobu_kaki at 2004-07-27 15:51
僕はすぐ「船酔い」しちゃうんだよな(笑
でも意外にシケには強かったりする。

みかちは波乗りしちゃいそうだぁね。
元気だ。
by shinobu_kaki | 2004-07-27 11:39 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31