ノーベル賞。


村上春樹がノーベル文学賞をまた逃した。

この賞はそんじょそこらの文学賞のようなものとは、
重みも意味もまるで違うのだが、
上のようにさらっと書いてしまうと「残念でした」という程度の、
実に軽い出来事のように見えてしまう。
だが本当はノミネートだけでとんでもないことではある。

ノーベル文学賞受賞者一覧。
「なんか聞いた事ある」ぐらいのレベルまでで名前を拾うと、
大江健三郎、ユージン・オニール、カミュ、川端康成、
ジョン・ゴールズワージー、ウィリアム・ゴールディング、
バーナード・ショー、ショーロホフ、スタインベック、
タゴール、チャーチル、パブロ・ネルーダ、
フォークナー、アナトール・フランス、
サミュエル・ベケット、ヘッセ、ヘミングウェイ、
ガブリエル・ガルシア=マルケス、トーマス・マン、
メーテルリンク、バートランド・ラッセル、ロマン・ロラン。
こんなとこ。

ところで個人的には「ノーベル」と「文学賞」の組み合わせに、
ムリヤリっぽい違和感を感じないでもない。
僕のイメージするノーベルは「爆弾(ダイナマイト)の人」であり、
それが「文学」とどうしても結びつかないのだ。
曰く、スポンサーのようなものだと言えばその通りかも知れない。
サッカー・キリンチャレンジカップにおけるキリンみたいにね。
強いて言えばスポーツドリンクなんかはあるけれど、
サッカーとキリンそのものの間には、まあ、関係はない。
スポンサーと割り切るなら、もしお金を出す人が違っていたなら、
「ノーベル」に当たるものは誰でもいいということになる。
「シュバイツァー賞」とか「メンデル賞」とか「黒柳徹子賞」とかね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7560196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-10-10 15:01 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31