フルメタル・ジャケット

スタンリー・キューブリック監督、1987年のベトナム映画。
良く晴れた爽やかな日曜の朝、
眠る娘を抱きながらベトナム戦争の映画を観るというのは、
やけにシニカルというかピースフルというか悪趣味というか、
なんとも言えないシチュエーションではある。
娘がぐずるとその度に一時停止してあやしながらだから、
かなり細切れ・ブツ切れにての鑑賞ではあったが。

この映画は前半の海兵隊訓練のパートと、
後半のベトナムを舞台にした実戦のパートに2つに分けられる。
違う映画と言ってもいいくらいがらりと変わる。

「シャイニング」のオープニングの車のシーンから思っていたが、
キューブリック監督の撮る映画は、とにかくカメラが美しい。
構図といい色調といい、「これしかない」という画で出来ている気がする。
だからテーマが何であれ、観ること自体が快適なのである。
この「フルメタル・ジャケット」においても、
海兵隊の一糸乱れぬ過酷なマスゲーム的訓練のシーン、
後半のヘリから眺めるベトナムの森にかかるモヤのシーン、
そして戦火の逆光の中、ミッキーマウスマーチを歌いながら行進する、
ちょっとした奇跡のようなラストシーン、どれもとても美しい。

小説などと違い、映画はビジュアルも含めた芸術表現である。
観るものの想像力で補完されるのではなく、
ビジュアルそのものまで観客に提示されるのが映画なのだ。
当然、圧倒的なビジュアルというのは映画の大切な要素なのであって、
ことさらにキューブリックはその部分に妥協を許さなかったのだろう。

さて、フルメタル・ジャケットと言えば、ハートマン軍曹である。
訓練中、新兵たちを痛快なまでに徹底的にこき下ろし、
人格を否定するほどの罵詈雑言を非常に「スムース」に連射する彼は、
世界中に熱狂的なファンを持つという。
まあ僕が言われるほうだったらたまったもんじゃないだろうが、
はた目で見ている分には彼の反省や自省、
そして一切の迷いのないキャラクターは意外なほど気持ちがいい。
他人を罵る文句が次から次へとマシンガンのように出てくる様は、
なんだか音楽的ですらある。ラップ的なのだ。

ちなみにこのフルメタル・ジャケットだが、
僕らのような「初期ファミコン世代」からすれば、
このネタとは切っても切り離せないんですよね。

youtube ファミコンウォーズCM
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7585039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-10-19 10:41 | 人生は映画とともに | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31