ブログの危険性。

こないだ二子玉のBarのカウンターで浴衣で飲みながら、
豆次郎さんにちょっと話したんだけど。

ブログって、人によってはちょっと危険かも。

ブログって思ったこととかすぐ書けちゃうでしょ。
それでアップするとみんなに見てもらえる。
今日思ったこととか、時には悩みをつらつら書いたりする。

でも、そんなにみんながみんな、
自分の感情を言葉にすることに慣れているわけじゃない。

もちろんテキストの内容にもよるけど、
形の無い感情に言葉で形を与えるのっていうのが、
実はちょっと危ないんだ。
感情はもっと漠然としたもので、それは通常、形の無いまま流れていく。
言語化してしまうと流れていくべきものが残ってしまう。
その時、自分でもちょっとしか思っていなかった気持ちが、
やけにくっきりとしたエッジでもって立ち現れることになる。
ふと思った憎しみや苛立ちなどの負の感情は増幅され、
しかもテキストとして残ることで消えない痕跡になる。
それは「本当の感情」かというと微妙だ。
なぜなら感情は水のように流動的なものだからだ。
「夢を記録するのは良くない」にも少し似ているかもしれない。

ずうっと日記書いてる人は別とも思うけど、
日記はそもそも人には見せない前提のものだから。
「外部」に発信する言葉と、自分の中で反芻する言葉は別物だよ。

そんなことを思った。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/762960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 豆次郎 at 2004-07-29 22:18 x
確かに、危険、かも。
でも、自分の存在を知って欲しい、認めて欲しいっていう、
そんな切ない気持ちで言葉を残してしまう人も多いのかも。。。
私も人の事は言えないし。。。(^^;)

でもやっぱり、そういう“感情”の言葉は凶器にもなったりするし、
その凶器が他の人だけでなく、自分で自分を傷つけてしまうから、
表現する言葉はあっためて、大事に大事に、ね。
by shinobu_kaki | 2004-07-28 22:37 | エウレーカ! | Trackback | Comments(1)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31