小室哲哉氏逮捕。

小室哲哉逮捕の報で始まる一週間。
5億円をだまし取った疑い、らしい。

「栄光と没落」みたいなタイトルでワイドショーが食いつきそう、
と思ったらそのままフジがそんな報道をしていた。
まあ、そうだよねぇ。

5億円云々に関しては、著作権の契約に関するものらしいけど、
あちこちのニュースに落ちているからそれを見ていただくとして。

僕自身は彼の作った曲を聴くようなターゲットでは間違ってもなかったけど、
それでもこれだけ売れたというのはやはり大したものだと思う。
彼が狙って開拓したと言われる、
「ディスコやクラブの帰りにみんなで歌える曲」というフロンティアは、
実に多大の利益とムーブメントを生み出す鉱脈となった。
2つ前のエントリの富野氏の言ではないが、
お金、というのは一つの絶対的な基準になり得る。
拝金主義というわけではない。
だがやはり、金は一種の神話なのだ。

ところで小室氏の作った曲の中でベストは何だろう。
もちろんこんなのは好みの問題だとは思う。
自分の結婚式に使ったという人は(文法がおかしいという議論は置いといても)
「CAN YOU CELEBRATE?」かもしれないし、
篠原涼子がスキな人は「恋しさとせつなさと心強さと」 かもしれない。
ちょっと古めのファンは渡辺美里の「My Revolution」と答えるだろう
(これは僕もちょっとそう思う。いい曲である)。
ただ、世界観とかコマーシャリズムとかの「ちょうど良さ」を含めると、
僕はglobeの「DEPARTURES」がベストかなあと思う。

さて、今週はアメリカ合衆国大統領のアレもある。
世界的に大きなそのニュースの前に、
ふと入って来た極東のミュージシャンの没落の報…としてみると、
少し寂しい感じがしないでもない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7629733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S24(にっしー) at 2008-11-04 11:29 x
オレが専門学校に通ってたころは作曲家クラスの半分近くが小室信者だった(笑)

彼ほどやる気というか気持ちの部分をそのまま作品に出してしまう人も珍しいやね。まあ企画からフィニッシュまで全てに関わっていたわけだから当然なのかも知れないけど。
やはり「My Revolution」と後半期の華原朋美の曲を比べたら訴える力は天と地の差があるとおもう。

一時期の彼は駄作でも売れてしまう現状に辟易していたように見えた事を覚えている。
そうなると逆に純粋に「金」をフォーカスせざるを得なくなって行き、気づいた時には時代も移り、戻れなくなってしまうのかな。

日本の音楽界はもっとリスナーを育てないと結果的にそれがアーティストをも間違った方向に進ませてしまうよ。
Commented by Crystal_Beer at 2008-11-04 12:06
この方の曲も人柄も苦手だけど、さすがに逮捕はびっくりしました。
と同時に反面教師だと思ったよ。

大金に目が眩むような人間にはなりたくないものです。
Commented at 2008-11-05 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2008-11-05 13:16
>にっしー

僕の彼への印象のひとつに、歌詞が若いというか、
誤解を恐れずに言うと「歌詞が恥ずかしい」というのがあった。
歌詞ってもっとオブラートに包んだり、
比喩を使ったり色々とするものだと思ったし。
だからこんなに生の気持ちとかをそのまま歌詞に、
しかも話し言葉的なワードで作っちゃうんだ、と、
聞いてるほうが気恥ずかしくなったりね。

とあるブログで読んだんだけど、
「周りにきちんとした人がいなかったんだろう」
というのがあった。そうかもしれない。
それにしても想像を絶するアップダウンではある。
Commented by shinobu_kaki at 2008-11-05 13:18
>Crystal_Beer

金銭感覚はむしろマヒしていたのかと思うよね。
人間なかなか生活レベルは落とせないものですが、
1回こんなに上がっちゃうともうどうしようもないなと。
Commented by shinobu_kaki at 2008-11-05 13:22
>鍵さま

コメントありがとうございます。
ニュースレヴェルで見えるものは、
分かりやす過ぎるストーリーですからね。
前述の「きちんとした人」が周りに存在するには、
彼はちょっと巨大になり過ぎたのでしょうか。

ジャンクフードな食生活が「没落」のように言われてますが、
彼はもともとカップラーメンも好きみたいだったですよね。
ラ王にドンペリとか、不思議な食生活だったとか。
切り取り方によって見え方が変わるのが報道ってやつでしょか。

Commented by kuro at 2008-11-06 17:20 x
昨日の日経のコラムに載ってのですが。
かつて小室氏がピークだった頃(13年前)、吉田拓郎と対談した際の話で、
売れる秘訣を聞かれて答えて曰く、
小「あ、売れる方程式ですか?“ディスコ、プラス、カラオケ割る二”なんですよ」

まぁ、分かりやすいですな。

音楽を「商品化」させて「大量消費」へと拍車をかけたポイントとなるひとり、
なんですかね。

あとに続いたのは、つんく、とか。
Commented by shinobu_kaki at 2008-11-06 17:57
>くろさん

おお、分かりやすい。

今回の配信停止のやつとか、彼の音楽が完全に
「商品」のジャンルに入るものだったゆえに、
後世に残る作品のような扱いではなく、
あくまでビジネスに付随するモノとして処理されている、
そんな感想を覚えたりしたのでした。
by shinobu_kaki | 2008-11-04 07:11 | エウレーカ! | Trackback | Comments(8)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30