日本シリーズ、ジャイアンツが王手。

読売ジャイアンツが日本一に王手。

昨日の試合のダイジェストをニュースで見たけど、
7回、西武・涌井からラミレスが打った、
あのセカンドベースをはじくヒット、そして2塁への果敢な走塁。
短期決戦はこういったきっかけが大事だ。
日本シリーズでは往々にして、戦いの流れを決める
「このワンプレー」というのが存在するが、
ラミレスのこの走塁もそれに値するものだったかもしれない。
そしてこのラミレスのヒットを契機に、
阿部、亀井、脇谷、坂本と5連打を重ねたジャイアンツが、
第1戦で1安打に抑えられた西武のエース涌井を攻略した。
そしてチームにおけるメンタル的な意味でも、
大黒柱の上原で勝ったのは大きいと思う。

しかし原監督率いるジャイアンツは良いチームになったよね。
かつての4番タイプばかりを並べた打線とは違い、
生え抜きの小兵タイプの選手がちゃんと育っている。
特にショートの坂本なんかすごく可能性を感じる選手だ。
こういうのは見ていて清々しいというか、
健全な「チーム」の姿のように感じられていい。

4番に関しては元ヤクルトのラミレスや、
元ロッテのイ・スンヨプだったりして「外様」なのだが、
生え抜きや純潔主義にこだわり過ぎるのは、
まぁいい事ばかりとも言い切れない。戦力が落ちたら本末転倒だしね。
長嶋や王、そして原辰徳が常に存在するわけではないのだ。

今年はこのままジャイアンツが勝つんじゃないかな。
3番を打ってる中島もケガで離脱したでしょう。
ただ来期も渡辺久信監督率いるライオンズがシーズンを勝抜くようなら、
今度こそライオンズの日本一、という展開かと思う。
ライオンズは4番に入っている中村がもう少し、という感じ。
シーズン本塁打は凄いけどもっと風格が欲しい気がする。
もう1年経ったこの人を見たい、というところかな。

余談だけど、サッカー・イングランドの代表のルーニーもそうだが、
中村、運動選手ならもっと痩せないもんかね?
まあルーニーなんかはせいぜい80kg前後らしいけど、
中村は公称体重100kg超えてますからね(102kg)。
毎日カラダを動かして練習してたらどうしても痩せちゃうと思うんだけど、
なんかずうっと丸々しているよね。余計なお世話だけど、謎です。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7638847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-11-07 12:23 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31