森博嗣「不況の原因」、そして人生とデザイン。

お金を持っていても出し惜しみをして使わない、
それが不況の原因だ、なんとか使いたくなる気分にさせよう、
という議論をしているときに、1つ欠けていることがある。
それは、使いたくなるような商品がどれだけあるのか、ということ。
魅力のある商品が社会に豊富に出回っていれば、
自然に消費は促進されるだろう。

森博嗣(作家)MORI LOG ACADEMYより


確かに「商品の魅力」という見方はあるのかもね。
あまり売れなくなったということは、
それだけ買う側が厳選しているということでもある。
僕が思うには買い物ってちょっと「恋愛的」で、
値段を含めたスペック的な部分だけでなく、
もっと言葉で説明できない「惚れ込み」が必要なのだと思う。
特に家を借りる時なんかそうだよね。
ある程度の希望条件を満たせばあとは一長一短で、
最後の決めては「なんか、気に入った」というフィーリングだったり、
「よく分かんないけどピンと来た」なんていう、
非常にあいまいな部分だったりするのだ。
これは一目惚れに似ていて、
その人のスペックやら周辺情報を知る前に、
なんの計算もなく気に入ってしまうという感覚。
そしてあながちそんな判断は後で思っても間違いがなかったりする。
きっとあらゆる感覚器や過去例などのアーカイブを総動員して、
人は瞬時の判断を行なっているのだとも思うね。

話が逸れたけど、世の中にあるものを魅力的に再構築する、
それがいわゆるデザインだと思う。これは素人か玄人かは関係がない。
みんな多かれ少なかれ、何かをデザインしながら生きているのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7658033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-11-14 12:15 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31