松本大洋「STRAIGHT」

a0022014_12352944.gif

トガったセンスの人に人気抜群、
マイナー的メジャー漫画家、松本大洋のデビュー作。
タイトルは「STRAIGHT」。野球モノである。全2巻。
こないだ同僚に貸してたのが戻ってきた。

タイプも性格も対照的な2人が主人公というのは、
後の「鉄コン筋クリート」のシロとクロ、
「ピンポン」のペコとスマイルなどに受け継がれる、
言わばこの人の得意のスタイル。
と言うと僕はやっぱり、村上龍のいくつかの作品を思い出す。
すなわち「コインロッカーベイビーズ」のキクとハシ、
「愛と幻想のファシズム」のトウジとゼロである。

「STRAIGHT」に話を戻すと、
1巻と2巻の間にちょっとしたブランクがあったようで、
絵柄がガラリと変わっている。
描き込みは格段に精緻になり、構図も洗練されて、
後の彼のスタイルが確立されていく過程を見るようである。

筆致が変わって行くというのは漫画家においては非常に多く、
そうしてそれが許容されている現象もある。
例えば小説などにおいて、前半と後半で文体が変わるというのはあまりない。
それは小説執筆という作業において、
推敲によって文章を整理するという行為が比較的容易だからであろう。
漫画は、文章のように直すことは非常に難しいと言わなければならない。
小説においては、全体を通した複数回に渡る校正・推敲が行われ、
そうして徐々に文章は整いを見せてゆく。

もちろん漫画にも加筆修正はある。単行本化する時である。
だが、忙しい作家においては特にそうだが、
単行本にするからまるごと描き直すというヒマはないし、
そういう手間を大胆にかけることは多くはない
(ネームというか、セリフが変わっていることはよくあるが)。
しかし成長過程にあるまだ若い漫画家にとって、
絵のタッチというのは生き物のように変化していく。
だから例えば「スラムダンク」や「バガボンド」を1巻から通して読むと、
タッチがずいぶんと違っていることに気付くのである。

「STRAIGHT」の裏面折り返しには著者の写真が大きく載っている。
松本大洋は自身のポートレートをあまりメディアに出さない人なので、
(出ても帽子を目深にかぶったりしていて控えめな露出である)、
まだやんちゃな顔をした作家がそのままに映し出されたこの写真は、
ちょっと貴重なカットであると言えるだろう。

「破滅的にストイックな天才型の主人公と、それに振り落とされる人」
という描写は、同じ作家のボクシング漫画、
「0(ゼロ)」の主人公・五島雅においても見られる。
こういうの好きなんだね、この作家さんは。

僕にとってはわりかし読むのが疲れる作家というか、
やっぱり「作品」に触れている感じがする。気軽に読む感じじゃない。
僕の基準は「お風呂に持ち込んで読めるかどうか」である
(一見乱暴に見える行為だが決して、その漫画に対する愛情とは比例しない)。
娯楽性の高いものは、くしゃくしゃになっても惜しくない。
そういう意味で松本大洋はお風呂に持ち込めない感じがしてしまうのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7713760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2008-12-05 12:35 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31