「ひまわりっ 〜健一レジェンド〜」

自分自身が主人公のモデルのマンガ、であるらしい。
個人的には、最近になって急速に面白くなったマンガ。
作者は東村アキコ。週刊モーニング連載中。

1巻から通して読むと、最初の頃は
「同じ職場で娘に干渉する風変わりなお父さんエピソード」が中心。
このへんは個人的にまったくダメで、
もっと話が進んで周りのキャラクターが確立された頃に面白くなり出した。
いや、もっと正確にはごく最近の「ウィング関先生」がらみで、
すごく面白くなった。それからさかのぼって読んだわけである。
で、最初の数巻はやっぱりダメだった、と。

この人、本ストーリー周辺の小ネタが地味に面白いんだね。
腹黒キャラの節子(本名は「なのは」なのだが)とか、
黒木さんネタとか(うるう年にだけ、とあるきっかけで
悪い心が千倍とかに膨れ上がり「黒・黒木」に変身する- Wikipediaより)
コントグループ「信頼関係」ネタとか、面白いのはそのへん。
小さいところで時々僕のツボにはまってしまう。

まあ、なんだかんだとメジャー誌であるところの
週刊モーニングにこれだけ連載を続けていて、
単行本も実に8巻(かな?)を数える。要するにちゃんとロングランなのだ。
それだけの力のある作家さんと言わなければなるまい。

個人的に好きなセリフは副主任の、
「もう、白木でいんじゃね?」


ひまわりっ 〜健一レジェンド〜 - Wikipedia
ひまわりっ~健一レジェンド- amazon.co,jp
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7741422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2008-12-17 14:28 x
・・・呼んだ?

読んだのか。
Commented by shinobu_kaki at 2008-12-17 15:58
>kuroさん

うるう年にお気をつけくださいー。
by shinobu_kaki | 2008-12-16 15:25 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31