大人と子供。


大人とは、
現状のシステムを維持するために振る舞える人のことである。
紳士とは、
自らの欲動ではなく「すべきこと」に沿って行動する人のことである。

子供とは、
上記の条件とは逆に、現状への不満を表し、
「すべきこと」ではなく「自分がしたいこと」について、
その意思をあらわにする人のことである。
(行動するか否かは、この場合あまり重要ではない)

自分自身で考えると、
年齢的にはもう立派であるべき大人の範囲に入るのだが、
行動であるとか、自律性であるとか、プリンシプルを持っているかとか、
そういった部分で見ると、まあ大した大人ではない。

ある年齢を過ぎてからも子供で居続ける、
そういうのは実はとても難しい。
それは、子供の頃に子供のように振る舞う事に比べると、
外圧の量と強さがまったく違うからだ。
要するに現状を否定しながら前に進むということになり、
それに要するパワーというのは結構なものだからだ。

自分のポジションがそれなりに出来てくると、
他人は、そのポジションにい続ける努力をすることを望む。
つまり有形無形にプレッシャーを与えられるわけだが、
他人は、人が変わらないことを確認して安心したいのだと思う。

変わり続けるにはパワーがいる。
子供で居続けるにはパワーがいる。

そして、変わり続ける人は魅力的に映る。
子供のような大人は、いつもフレッシュだから魅力的なのだろう。

とまあ、オチもなく。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/7973524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2009-02-19 13:02 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31