漫画家アシスタント系統図2009



漫画家アシスタント系統図2009だそうです。

ジャンプ系、マガジン系、サンデー系とそれぞれ。


何かで読んで意外だったのが、
「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦がこせきこうじのアシスタントだったこと。
こせきこうじは「ああ一郎」や「山下たろ〜くん」の作者である。
絵柄全然違うじゃん!と思ったのだ。
アシスタントは師匠に影響を受けまくりつつ真似をして、
その派生として自分の世界をものにしていくというパターンがあるが、
こせき→荒木のケースはまったく当てはまっていない感じね。
ぶっちゃけ思うのだが、なんで荒木はこの人のアシスタントをしようと思ったのだろう?
ちなみに「山下たろ〜くん」は好きでした。もちろん「ジョジョ」も大好きですが。

系統図に戻ると、基本は師匠の影響が随所に出る人が多く(そりゃそうだよね)、
キャラクターの表情のくせだとかタッチの強弱だとかに現れている。
ジャンプ系で言うと原哲生(北斗の拳)→森田まさのり(ROOKIES)などは、
そのこってりとした人物の線と執拗な描き込みに共通点が見られるし、
本宮ひろし(男一匹ガキ大将)→宮下あきら(魁!男塾)などの系統もよくわかる。
まつもと泉(きまぐれオレンジロード)→萩原一至(BASTARD!!)も、
女性の表情の描き方に共通の特長がある。
にわのまこと(THE MOMOTARO)→小畑健(DEATH NOTE)も
言われてみればそうである。
小畑健は「ヒカルの碁」の北斗編あたりから、今のようなリアル頭身の絵柄になり、
そのままずっと「DEATH NOTE」「バクマン。」まで来ている。
でも「ヒカルの碁」の初期や、その前の「サイボーグじいちゃんG」の頃は、
まさににわのまこと的なギャグの世界のタッチが色濃く残っていた。
ちなみに前述のこせき→荒木のラインは系統図に載ってないね。

「マガジン」のは特に思うことなかったけど、
野中英次(魁!クロマティ高校)が池上遼一のアシスタントだったら面白かったのにね。
そしてサンデー、ちばあきお(キャプテン)→なかいま強(ライスショルダー)はいい。
ちょっとホッとする感じがあるのはスポーツものの作家だからかな。
最後にものすごく意外だったのは、
楳図かずお(まことちゃん)→高橋留美子(めぞん一刻)。
これも先に描いたのと同じ言い方になってしまうのだが、
高橋留美子はどうして楳図かずおのアシスタントをしようと思ったのだろう?

というかwikipedia等にもこういうのあまり載ってないね。
系統図の真偽はどうなのだろう?
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8009495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こーさく at 2009-02-28 13:41 x
こせき先生は荒木先生が
唯一頭の上がらない人物らしいですね。

「山下たろー君」のコミックス巻末で
”飛呂彦風たろー君”も描いちゃってるし
すごく仲いいみたい。
Commented by shinobu_kaki at 2009-03-03 21:13
>こーさく

コメント遅れてすみません。
体調が劇的に悪いので…。

これ、こせきこうじ氏と荒木氏の師弟関係が逆だったら微妙ですね。
この関係性だからいいんでしょうね。
by shinobu_kaki | 2009-02-28 08:21 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30