Ten Years After.


某所より、「これからの10年で無くなりそうな物」だそうです。

●間違いなくMD。

●CDもなくなると思う。DL販売以上のメリットが見当たらない。
 売るのに店舗とその分の人件費が必要ってのが致命的。

●工業製品じゃないけど、10年じゃなく100だったら
 コンタクトレンズってなくなりそう。みんなレーシック。
 「昭和、平成の人って目にレンズ入れてたんだってよー。」みたいな。
 眼鏡はアクセサリーとして残りそう。

●マウス。これも旧世代のデバイスになりそう。
 MSのデモンストレーションやAppleの技術みてると
 マルチタッチがかなりな勢いで進化しそう。

●買い物用のビニール袋。
 課金制が本格的になってきたしマイバック普及率は爆発的に増えそう。

●自動車は、燃料が変わってると思う。

●黒板(及びチョーク、黒板消し)ってなくなりそう。

●シガレットケースとか携帯灰皿もなくなりそう。
 煙草がろくに吸えない世になりそうだし。


今から10年前って1999年でしょ。
そこから考えるとかなり色々が進歩している。
雑誌がバタバタ無くなっているし、音楽ソフト業界もヤバい。
これらはひとえにネット環境の進歩・整備に伴うもので、
この流れがさらに加速していくと思うと、どうなるのか恐ろしい。

個人的にいつも思うのは、
何かのシステムが爆発的に普及するには「簡単さ」が必要だということ。
極端に言えば、田舎のおじちゃん・おばちゃんができるくらいのイージーさがないと、
本当の意味での一般的普及とは言えない気がする。
ビデオとか電子レンジとか電気炊飯器とか、
そういったものを扱うレベルで音楽をダウンロードできるとかさ。
全体的に考えるとデジタル・デバイドな人のほうが圧倒的に多いわけだし。
ブログなんかまさにそうだけど、
ホームページを自分で立ち上げるのって知識もいるし、面倒くさい。
でもブログくらい簡単にシステム化してくれれば、
システム・配線音痴の僕ですらこうして遊ぶことが可能だ。

かつて作家が描いた未来は、極端に効率化されたものだった。
ボタンひとつで何もかもができるようになっていて、
人間はわざわざ労力をかけて動き回る必要がない世の中だ。
街はすべて人工的に管理されていてクリーンで、
移動は張り巡らされたパイプライン、または瞬間移動機を使えば良い。
(車が空を飛ぶシーンも良く見られたが、効率化という面でどうだろうか?)
そこにあったのは恐ろしく機械化・電脳化された世の中だ。
少しずつだが、現実はそこに向かっていると言える。
ドラえもんはまだ現れそうにないけれどね。

10年後だと僕は47歳か。娘は10歳。
本当かよ、という感じである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8166709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2009-04-12 08:17 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30