SMAPのジョージ・ハリスン。

まあ異論は多々あるだろうけど、
ビートルズにおけるジョージ・ハリスンの立場っていうのは
結構、微妙にしんどいものだったんじゃないかと思うんだよね。

もちろんジョージ・ハリスンは音楽史上における英雄だし、
ちゃんとヒットも飛ばしているし、
英国王室から「Sir」の称号が与えられる(見込み)ほどの人でもある。
ただ、あのビートルズという4人グループにおいては、
ジョン・レノンとポール・マッカートニーの2人が突出しすぎていた。
史上最高レベルの才能を持つ2人はパーソナリティもかなり強烈で、
そんな2人とず〜〜っと一緒にやらなければならなかったのは、
ジョージ・ハリスンおよびリンゴ・スターの悲劇とも言える。
ただし、この強烈な2人と一緒でなければ、
ジョージとリンゴがこれほど有名になることもなかったはずで、
そこはまあ、どちらが良いかというのは難しいところだ。
ただ、リンゴはドラマーということもあるが、
ちょっと引いたポジションで飄々としているキャラクターがあった。
それに比べるとジョージはその地味さで損をしている印象が拭えなかった。
ジョン・レノンが回想録の中で、
「ジョージは10歳も年下で、オレの周りをちょろちょろとうろついていた」
みたいな発言をしていたような記憶があるんだけど、
実際にはジョン・レノンとジョージ・ハリスンは3歳ほどしか違わなかった。
つまり、それくらい下に見ていたという風にも取れるんだよね。

で、ここでやっとタイトルに繋がるのだが、
草なぎ君の今回の話を聞いてジョージ・ハリスンを思い出したのである。
もちろん飲酒云々じゃなくて、SMAPにおけるポジションとして、
木村拓哉、中居正広、香取慎吾に比べると、
(もちろん素晴らしい人柄や個性はあるけれど)「華やかさ」の面で、
草なぎ剛は少々トーンダウンする部分があるだろうということ。
そして「人気商売」であるタレント業において、
「華のあるなし」というのは結構重要なポイントではないかと思うですね。
ある舞台挨拶で、舞台から草なぎ君が客席の木村拓哉に手を振ったら、
客の目が木村拓哉に釘付けになった、みたいなエピソードがあるくらいである。
そりゃ多くの人は、どっちかちゅうとキムタク見るよね。
でもこれがシビアで残酷な「華」の部分でしょ。「スター性」というか。
だから草なぎ君が、自分の独自の色を見つけに韓国に傾倒するのは分かる。
実際に「チョナン・カン」としてアジアでは相当有名になったしね。
ジョージ・ハリスンもインドへ行ったでしょ。似たものがあると思うんだよね。

話は戻るけど、広く社会的にも芸能人として認知され生きている彼にとって、
「自分は脇役」というニュアンス込みでやっていかなければならないのは、
いくら穏やかな人柄でも、わりかしストレスじゃないかと思うんですね。
だから今回の事件につなげてどうこうじゃないけど
(正直言って、警察とメディアがやり過ぎなのは明らかだ)、
「草なぎ君もつらいんだろうな」というインサイトの部分を感じさせたのは、
タレントという職業の属性において(ここはすごく言いづらいところ)、
今後を考えてもあまり得策じゃなかったんだろうなあと思う。

ただ、僕はどっちかちゅうと、
草なぎ君とは飲んで話してみたいとか思うけどね。
キムタクとはあまりそう思わない。なんか気を使いそうだから。
そしてこういうところがまさに「華」というか、
「芸能人オーラ」のありなし、みたいなこととも直結しているんでしょうね。
呼び方ひとつとってもそう。
例えばフルネームの呼び捨てにするか、「君」づけにしちゃうかなんて、
まさに距離感というか、存在感の種類の話だからさ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8222659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2009-04-28 12:35 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30