されど我らが日々。

週末の2連休。新しい鍼灸院での治療。
これはどちらも人為的なもので、
ギリギリのピンチのところで助けられたと感じる。
自分はそれほど強運とも思わないが、
本当にきつい時に助けられるケースがままあると思う。
他人と比較してどうかはわからない。
だが、人に恵まれていると自分が感じられればそれでいい。

実は今でもどこかで大時代的なサラリーマンを夢見ている。
そう思うのは、いま現在その夢と対極的な仕事をしているからなのか、
もともとの適性がそちらにあるからなのかはわからない。
おそらく前者なのだろう。そんな気がする。
大所帯の職場で、社員食堂などもあり、仕事はそこそこに日々を過ごす。
そんなかつての昭和大企業的な会社はどのくらいあるだろう。
耳に入ってくるのはカオス的に多忙な企業か、
逆に仕事が減って消滅していく企業のどちらかである。
そもそも大時代的なサラリーマンなど幻想なのかもしれない。
まず「サラリーマン」という言葉自体が非常に過去的だ。
しかしおそらく、
自分がもしもそんなサラリーマン的ルーティンを送っていたなら、
まったく逆の発想をしていたに違いない。
つまり「自分なりにできることを思い切りやってみたい」となるだろう。
実に勝手とは思うが、欲望なんてだいたいそんなものだ。

やりたいことに対して時間がなさすぎる、と感じる。
大したことではない。あの本を読みたいとか、あの映画をまだ観ていないとか、
もう一度あそこに旅行に行きたいとか、新しいジャケットが欲しいとか、
そんな草の根レベルの欲望である。
僕は比較的欲の薄い、満足度の基準値ラインが低いタイプだと思うのだが、
その僕ですらこうなのだから、もっとアクティブな人はどうなのだろうか?

曇り空。遠くの緑。窓からの景色。
日曜の食事の支度。旅行に出る友人。新しいことを始める友人。
twitterに降り積もってゆく言葉。
いまここにいなくとも感じること。これでいいと思うこと。
でも、少しずつ変わること。

同じ方向を向いて行く、そして時々近づいたり離れたりする。
友人というのはそういうものだと思う。
家族は同じひとつの船に乗っている。そこが違う。
とすれば、会社は一種の船団だろう。
規模の大きいほうが色々と安心だが、大事なことはまず、
自分の船がどうなのかだろう。

とりとめがなくなった。

嫁と娘が起きたら、食事にしよう。
今日もいろいろとやることがある。
人生はいつか終わるが、それまで日々は続いていく。
「すべてのものに意味はない」と言い切ってもいいけれど、
それだとちょっと味気ない。
たとえ大変だとしても、かすかな自己満足を加えながら、
好きなものに囲まれて、楽しみながらこの海を越えていこう。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8333837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HAJI at 2009-06-03 19:58 x
大時代的サラリーマンどころか
サラリーマンの枠を飛び越えちゃいました

将来の不安は無きにしもあらずですが
10年振りの学び屋は 日々が新鮮です
Commented by shinobu_kaki at 2009-06-07 18:38
>haji

ごめん、コメント遅れたですよ。

その後どうかなあと気になっていたけれど、
学んでいるのね、今。

一度、仕事を経験してからだと視点も違うだろうね。
しっかり学んで明日への糧にしてくだされ。
by shinobu_kaki | 2009-05-31 11:28 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31