不健康サイクルと、小林まこと「青春週刊少年マガジン」。


昨日の夜は明らかに体調が限界で、
頭痛と気持ち悪さとぼんやりしたふらつきを覚えたり、
歩くとやけにモノにぶつかったりして危険を感じたので帰って来た。
といっても通常通り、家に帰って23時とかそんなもん。

休養はもちろん、生活に何かが足りてない気がする。
ここ最近でもっとも健康的だった時のことを思い出してみると、
5年くらい前の、ジムに通っていた頃かなあと思う。
運動が足りていないのかな。
今は運動らしい運動はまったくやっていないからね。
休養するのはもちろんだが、ジョギングでもするようにするか。

仕事と体調と言えば、小林まこと「青春週刊少年マガジン」を読んだ。
小林まことは『1・2の三四郎』『柔道部物語』『What's Michael?』が代表作で、
個人的に柔道部物語はマイ・オールタイム・フェイバリットのひとつだ。

「青春週刊少年マガジン」とは週刊少年マガジンの創刊50周年記念企画で、
黎明期を『1・2の三四郎』というヒット作で支えた小林まことが、
「1978年から83年までの苦労話や楽しかった思い出などを漫画で描」くというもの。
しかし漫画の冒頭、小林まこと本人に言わせれば、
「楽しかった思い出など、ない!」どころか、
「下手したら死んでるところだった」のである。
つまりそれほどまでに、週刊連載の漫画家稼業というのは壮絶だったのだ。
この「青春〜」では、主に小林まことの新人時代が描かれる。
恐ろしいことに、初期はアシスタントもつけずに一人で仕事していたため、
「週刊連載に8日かかるペース」で、休載がちと有名になった。
しかし少年マガジンの躍進とともに、小林まことは確実に人気作家になっていった。

そんな「風雲立志編」とでもいうべき前半に比べ、後半は壮絶な色に染まっていく。
「新人三バカトリオ」と言われた小林まこと、小野新二、大和田夏希の3人。
同時期にデビューし、苦闘の中で友情を育んできた3人だが、
1994年に大和田夏希が自殺、小野新二も肝臓の病で翌年亡くなっている。
また小林自身も、過酷な仕事に心身ともに疲れ果て、
マンションのベランダから飛び降りそうになるのを自制するエピソードを語るのだ。
作る仕事とはかくも壮絶なり、である。

思えば『柔道部物語』のピカレスクヒーロー・西野新二は、
その名前や、シニカルで冷笑的な佇まいも含め、
この小野新二をモデルとしたものだったのかもしれない。
「青春週刊少年マガジン」はこちらで詳しくレビューされてます。

ところで最近の小林まことの描くキャラクターだが、
ちょっとアンバランスなほどに目が大きいと思うのだがどうでしょう?
これはあれかな、バランス云々よりもキャラの目が大きいほうが人気が出る、
みたいな話があったのかなあと邪推してみる。
絵なんて年月とともに変わっていくものなのでしょうがないが、
個人的にはやはり『柔道部物語』の頃の描線がすごく好きなのですよ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8443326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あちゃ at 2009-06-20 14:55 x
大丈夫ですか?
って、僕が言うのもなんなんですが、
やっぱり、こころとからだのバランスって大事ですよね。

仕事等で発生する精神的な疲れと、
身体的な疲れが、
ずれてくると、
なんだかしっくりこなくなります。

うまい表現じゃないな、、
なんていうか、精神的な疲れをとるために、
なかば強制的に身体的疲労を発生させる方が、
結果として、精神とからだのバランスが一致し、
疲れがとれるという。

ジョギング、いいんじゃないですか?
ちょうど僕がシノブさんと初めてお会いしたのが5年前だったから、
たしかにあの頃、シノブさん、よく走っている話をされてたような・・・
だからこそ、その後のお酒がより美味しいみたいな。


完全に運動不足の僕も、そろそろ別の意味でからだうごかさないと。。
Commented by shinobu_kaki at 2009-06-21 06:53
>あちゃくん

実際、身体ありきというか、
何も考えずにへとへとになるくらいの運動ができたほうが、
頭をからっぽにできて精神衛生上いいんですよね。

机にしがみつくような仕事の仕方をして、
耐えられなくなってマッサージだ鍼だというのは、
焼け石に水をかける作業が追っ付いてないなと思うわけです。

そうそう、運動するとお酒もおいしいし(笑)
それは間違いありません。
by shinobu_kaki | 2009-06-20 09:30 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31