ネット接続受難。


もう、ネットがないとどうにもならん。
それくらいにネット環境が当たり前の生活である。
しかしこの週末は、この「ネット接続」においてホトホトひどい目に会った。

ことの始まりは引越しである。
引越し自体は非常に機敏で滞りもなく、満足の行く形で終了したのだが、
終わってみるとどうやら見当たらないものがある。
ルーターのアダプターである。
ルーター本体はあるのだ。アダプターだけがない。
引越し屋がなくしたとは考えづらい。
彼らは荷物をAからBへ運んだだけだ。
引越し業務上の義務として、最後に荷物の確認もした。
まさに引っ越す直前まで使っていたネットだから、
ルーターも最後まで残っており、もちろんアダプターもしかりだ。
つまりどこかの箱に最後の最後にしまったのだろうが、
同時にしまったはずのルーター本体だけはあるのだ。
アダプターだけがない、というのはどう考えたらいいのかわからない。

新居はネット環境とプロバイダーが変わる。
すでに引越しの事前に申し込んでおいたものだ。
土曜日、モデムを支給されたネットの業者に電話をし、
一応確認をした。ハブではなくてルーターで繋ぐタイプですよね?
「いえ、ハブで大丈夫です」
「えっ、そうなんですか?」(←念押し)
「はい」
「LANコードのジャックの数も1つみたいですけど、本当にハブだけで?」
「大丈夫です」
というわけでこの週末、駅前に出向いてハブを買って来たのだが、
同時に2台を繋げるとどちらかが繋がらない。
おかしいと思い、電話をしたネット業者のホームページで、
あらためて商品情報を確認すると、
「ハブは不可。ルーターを使用のこと」とある。
じゃあ、あの電話は僕の幻聴か?
自分で調べられる限りを調べておけばという後悔はあるが、
ああまで自信たっぷりに言い切られたら信じてしまう。
その後の業者との話は割愛するとして、
雨の中もっかい駅前へ。今度はルーターを買って来た。

さすがに今度は大丈夫。
セットアップの作業をする(してもらう)が、
なんだか知らないが指示通りの画面が出てこない。
数時間格闘。何度やってもだめである。
あきらめて娘の相手を本格的に始めた頃、なぜか繋がった。
設定も何もかもを通り越して、
セットアップしていた妻のパソコン「だけが」繋がったのである。
やれやれ、よくわからないけどこれで決着か。
あとは僕のMacのネット接続を確認すればこの騒動も終了…

…繋がらない。
何度やっても、待てど暮らせどMacが繋がらない。
妻のパソコンが繋がったのも不可解だが、
じゃあなぜMacが繋がらない?

ということでまだ、
2台同時接続に成功していない我が家のネット環境なのである。
誰か助けてー。


※ちなみに、モデムにどちらかのLANコードを直接繋ぐと繋がります。当たり前だが。
ということはLANコード自体がイカれているとかではない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8518543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2009-06-29 07:21 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31