「ドラゴンクエスト」と音楽神髄。


RPGの歴史を変えた金字塔「ドラゴンクエスト」。
僕もかなりハマったクチです。
システムはもちろんのこと、なにしろ世界観が魅力的だった。
勇ましい物語の中にどこかもの悲しい哀調があってね。

そんな「ドラゴンクエスト」の世界観の確立に
かなりの比率で貢献しているのが音楽だと思うのです。
以下、社長が訊く「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の巨匠対談より引用。


堀井(雄二)
最初は、すぎやま先生に対して
こういうゲームだから、町があって、
お城があって、フィールドも歩いてと
そんな感じで曲づくりをお願いしたんですよ。
当然僕たちは、ゲームっぽい曲が
上がってくるだろうと思っていたんですね。
そしたら、すごいクラシックが上がってきたので
それはもうビックリしちゃって。
ドット絵なのに音楽がすごすぎると思ったんです。
正直、「これ、合うのかなあ」と不安になったんですけど、
実際にゲームにのせて聴いてみると
ものすごくよかったんです。
それでもう、みんなで「いいねえ!」と(笑)。

すぎやま(こういち)
いちばん最初の打ち合わせのときに、
「これはどういう世界のゲームなんですか?」と
中村光一さんに聞いたんですね。
そしたら彼の答えがひじょうに的確で。
「ひとことで言えば、中世ヨーロッパの騎士物語です」と。
それを聞いて、僕がパッとイメージしたのは
ワーグナーの「ニーベルングの指環」とかだったんです。
そこで、音楽のベースはクラシックでつくりましょうと。
その判断はよかったと思いますね。

堀井
本当によかったと思います。

すぎやま
だから長持ちしてるんですよ、音楽が。


僕も買ったですからね、「組曲ドラゴンクエスト」。
オープニングの「ロトのテーマ」とか大好きだった。
そもそも若い頃ってクラシックを聴こうとあんまり思わないじゃない?
学校で習うものみたいな意識もあるし。
でも、ひと回りしてニュートラルに聴いてみると、
クラシックってなかなかエキサイティングな曲もあったりする。
上にも出てるけど、ワーグナーなんて本当に格好良い曲が多い。

小説と似ている。推薦図書とか、教科書に載ってる文章とか、
古いものイコール「カビの生えたつまらないもの」みたいな意識がある。
でもそんなことなくて、ちゃんと読んでみると良かったりするよね。

だいたい「小説」っていうのは「とるにたらない文章」みたいな意味で、
ちょっと自虐的なニュアンスを含んだ言葉である。
つまりそれほど高尚なものではそもそもなかったわけでしょう。
昔は今ほど文化的な娯楽の数がなかったから、
小説がエンターテイメントとして売れたりしていたわけ。
その後、漫画とか、TV番組とかいろんなジャンルの娯楽が登場して、
だんだん小説は押し上げられるようにして、
どこか偉そうなポジションに収まってしまった。

ちょっと話がそれたけど、
上記のような心持ちから、当時は人に言えなかったものね、
「組曲ドラゴンクエスト」買った、なんてさ。

家ではiTunesでいろんなジャンルの音楽を聴いている。
シャッフルにすると順番も何もランダムでノンジャンルだから、
モーツァルトもジェイク・シマブクロもレミオロメンもまったく等価だ。
それが面白いし、それは実に正しいと思う。
つまり、すべての音楽は本質的に等価なのだ。

いや、分からんけど。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8552360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S24(にっしー) at 2009-07-04 08:15 x
おひさしブリーフ!!

ドラクエの曲は未だに披露宴のBGMリクエストとかくるよ。
それも最初の入場とかわりと主要なシーンで。

オレもipodは基本ランダムシャッフルで、サラブライトマンの次がパフュームだったりする(笑)

でもそれでいいんだと思うよ。
日本の音楽産業が最も恐れていることだろうけど。
Commented by karino at 2009-07-04 23:05 x
通りすがりにはじめまして。

クラシックも、元々は当時流行した芸能なんですよね。能楽なんかも同じ。彼等を「高尚」にしたのは後世の人々であって、今でも彼等の本質は変わらないと思うのです。

うちのiTunesも、シャッフルするとフランクのヴァイオリンソナタの次がさだまさしだったりTESTAMENTだったり… 無茶苦茶すぎて一緒に聴いている人が頭を抱えたりしていますw
Commented by shinobu_kaki at 2009-07-06 07:27
>にしー

>ドラクエの曲は未だに披露宴のBGMリクエストとかくるよ。

エンディング近くの「凱旋」シーンのとか似合いそう。

でも、ドラクエをそもそも知らない人には
どういう風に受け取られるのか興味あります。
「おお、なんかクラシックが」なのかなあ。
Commented by shinobu_kaki at 2009-07-06 07:33
>karino様

どうもです。

そうそう、「芸能」ですよね。
非常に、「俗」としての娯楽のひとつであったのだと。

そう思うと、後世にジャニーズはどう映るんだろうと思っちゃいますね。
「美少年ばかりを集めたダンサーグループが一世を風靡した。
フェミニンで端麗な彼らのルックスは『ジャニーズ系』と呼ばれ…」とかね。
興味はつきません。

iTunesの例が顕著ですけど、
音楽って聴く環境がすごく影響するような気がしますね。
かつてはレコードをジャケットから出して、針を落として…という、
一種非常に儀式的なプロセスが必要となったわけで、
そこで「拝聴」する音楽はiTunesのそれとはニュアンスが変わるような気がします。
by shinobu_kaki | 2009-07-03 16:02 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30