土曜の朝。

a0022014_813485.jpg

おはようございます。
なんてことのない朝。でもどこかすっきりしているような。

家のベランダから丘と空を眺める。

昨日の夜、古いゲーム機がどうやら死んで、
そろそろそういうのに時間を使うな、ということかなとこじつけ。


人が何に飢えているか、それはその時々で変わる。
逆に、時間が経つとなぜあの時あんなにも執着していたのだろうと思う。
ほとんどの人にとって目の前にあるものだけが世界の全てであり、
そしてそれはある意味で事実なのだが、
そんな余裕のない視野狭窄な状況を回避するためにも、
想像する、イメージするということが大事になってくる。
分母が小さければ分子の値も小さくにしかならないのである。


さて掃除をする前に、コーヒーでも入れるか。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8696856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ACHA at 2009-07-25 08:58 x
>分母が小さければ分子の値も小さくにしかならないのである。

ちょっと話はずれますが、
なぜ、年齢を経ると一年を経つのが速く感じられるのかは

1年(365日)/年齢

の公式がそれを証明しているように思います。

10歳の小学生の1年間(タモリはまだあと3年近くも小学生にいかなくてはならないと思ったらしいですけど)と
33歳の僕の1年間じゃ、人生における1年間の占める割合というのが全然違うんですもの。

だけど、だからこそ、時間間隔のまだ身についていない、
子供のころに、想像とか自然とかを感じれる時間は大切だと思います。

なんだかんだいっても、育った環境が、その人の体幹をつくると思いますから。

そういう意味では、田舎育ちでよかったなって今になって僕は思います。
現状には、満足していませんが。
Commented by shinobu_kaki at 2009-07-26 22:07
>ACHAくん

>人生における1年間の占める割合というのが全然違う

そうそう、帰り道が早く感じるのもこのせいだという話がありますよね。

僕なんかも筋金入りの田舎育ちなわけですが、
明らかに都市部とは違う時間の流れ方があって、
それは子供の時のほうがより色濃く感じられたような気がします。
by shinobu_kaki | 2009-07-25 08:16 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30