くらむぼん。


急に秋になった。


集中すればするほど視野狭窄になる、
というのは避けられないパラドクスのひとつである。
例えばどんな社会的ポジションも、
その人がたまさか流れ着いたものと仮定すれば、
現状に固執するというのは必ずしも正しい選択ではない。

水は流れる。空気も流れる。
関係だってそうかもしれない。
ある日突然生まれた関係性は、
(突然でない関係性の生まれ方などあるだろうか?)
始まりがそうであったように、
ある日突然終わりがやってくる。

泡のように浮かんで消える。それだけのこと。

今まで動いてきたように、これからも動いて行くといい。




あ、いえ、家庭は円満ですよ?(笑)
そーゆーんじゃなくて、別の話ね。


ちなみに結婚がすごいのは、それが「約束」だからでしょ。
こんなに何もかもが不確かな世の中で、
相手という1人の他人のために約束するわけだ。
それは行為として非常に健気だし、美しいよね。

時間というか、大げさに言えば人生はスライスだと思う。
長い年月というのは言わば結果にすぎなくて、
本質はその瞬間瞬間のプロセスにある。
それは明日にもどうなるかわからないという可能性、リスクがあるから。
あと30年生きるとか誰かに保証されているわけじゃない。
だから長いスパンで考えるのは本来はおかしい話だと思ってしまう。

でもやっかいなのは、
それなりに長期で考えないと上手く行かないのだよね。
難しいもんである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8876422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by karino at 2009-09-01 00:27 x
結婚がおもしろいのは、ある二人の人間の関係性を、ある時点でひとつの形に固定しようとすることだと思うのです。永遠を作り出そうとするかのように。
Commented by shinobu_kaki at 2009-09-01 17:58
>karinoさん

素敵ですやね。
あえてクールに言えばもともと他人だった2人が一緒にやっていくわけで、
紆余曲折がないわけがない。
それでも…というところに価値があるような気がしています。
やっぱりこれってすごいことですし。
by shinobu_kaki | 2009-08-28 12:11 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30