season counting.

まだ8時というべきかもう8時というべきか、
依然として仕事中。

会社はどうやらはっきりと入れ替わりの時期で、
8月の終わりに2人辞め、そして2人入ってきた。

うち1人はほぼ新人だが、今日入ってきたもう1人は経験3年、
でも鍛えられてきたようで頼もしい感じだ。

自分自身は…というと、
思えば20歳の頃から仕事をしているわけで、
なんだかんだもう17年近くになる。会社は3社目だ。

17年て。

娘とのこの1年がこんなに色々あったのに。
2007年に籍を入れてからも、
それなりの年月を過ごしてきた気がするのに。
17年はすごいな。

ところで季節はもちろん年に一回しか来ない。
30歳の人でも、
生まれてからたった30回しか夏を経験していない。
70歳で死んだら70回の夏だ。
これを多いと見るか、少ないと見るか。

僕などは恐ろしく少ないような気がするんだけどね。
だってたった70回だよ!?



ところで話はぜんぜん変わるけど、
サッカーのアルゼンチン代表ってなんであんなに人材の宝庫なのか。
メッシ、アグエロ、テベス、ミリート兄弟、マスチェラーノ…
なんか昔っから次々逸材が出てきて止まらない。
いつかのレアル=サラゴサとかインテルみたいに、
アルゼンチン選手を揃えたヨーロッパのクラブは確実に強くなる気がする。
なんでしょうね、彼らのレベルの高さは。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8897470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あちゃ at 2009-09-02 01:10 x
お久しぶりです。ブログでは(笑)

うーん、良く分からないけど、
豊かになれそうでなり切れない、南米特有の社会環境が、
ハングリー精神を生み出し、メッシなどの選手を生み出すのかもしれませんね。
そして、彼らは、羨ましいぐらい同世代の似たポジションにライバルがいるので、切磋琢磨せざるをえない気がします。

アルゼンチンとブラジルの違い。
カカーみたいに、別にサッカーをしなくてもある程度裕福なせいかつを出来る家柄出身のTOP選手がどの年代の代表にもブラジルには存在する気がします。

あと、最近の芸能界じゃないけど、
アルゼンチンは若干くすりのかおりのするメンバー。
カニーヒヤとかね。
いうまでもなく、94年アメリカ大会のキレキレというかキレてたマラドーナ。
あとサッカーよりもあっちの方が大事と豪語したベイロンとか。
なんだかワイルドなんですよね、ブラジルに比べるとアルゼンチンは。
Commented by shinobu_kaki at 2009-09-02 13:58
>あちゃくん

名波だったか中田だったかが、
98年にW杯で対戦したアルゼンチンを、
「上手くて強くて汚くて、ちょっと嫌な感じ」と言ってたけど、
なんかなりふり構わない強引さがあって、
それが個人単位だとすごくチカラの発揮に繋がっている気がする。
ブラジルはなんか優しいよね。懐が広いというか。
でも本気出すとブラジルほど怖い国はないが。
Commented by d_yuuu at 2009-09-02 20:06
名波さん、、、好きでした。
って、そんなコメントですみませんです。

夏かぁ……。
もう浴衣はおしまいですねー。
Commented by shinobu_kaki at 2009-09-02 20:13
>豆さん

浴衣はもうしばらく着ない感じですね。
僕としては。
まあ、あの時期にたっぷり浴衣飲みなどは楽しんだ感じはある。
神楽坂とか、行きましたしね。
by shinobu_kaki | 2009-09-01 20:27 | ライフ イズ | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30