ウォルター・シャイブ「大統領の料理人」

a0022014_1105750.jpg

4000人に1人の倍率をくぐり抜けて、
ホワイトハウスのエグゼクティブ・シェフを務めた料理人の著書。
クリントンとブッシュの2代(3期)にわたって、
大統領の料理人を担当した時のエピソードが綴られる。

ちょっと面白いなと思ったのは、
「クリントン期」と「ブッシュ期」のコントラストだ。
もちろん大変なことも多いけれど、
基本的には明るくポジティブでユーモアに満ちたクリントンの時期に対して、
ブッシュがやってきた時期は例の911のせいもあるかもだが、
とたんに殺伐としてしまう。そう、まるで世界の色が変わったように。

これは当時の社会情勢の問題だけではない。
ファーストレディのヒラリーは、
それまでフレンチ一辺倒だったホワイトハウスの料理を、
アメリカの料理に刷新するという目標があった。
だから優秀なシェフを捜したのである。
(そしてこの本から類推するに、著者は料理人として非常に優秀である)
厨房の内装を一新するところから始め、
途方もない人数のパーティをイキイキと捌く様子や、
スタッフとの連帯に満ちた日々はちょっとした映画のようでもある。
実際、このまま映画にしてもかなり面白いのではないかと思われる。

しかしブッシュ大統領の時期には、
ファミリーの皆で豪華な食卓を囲むという事はほとんどなかった。
大統領はいつも食事はサンドイッチを1人でパクつく程度で、
しかもそのプアーな食事は15分ほどで終わってしまうのである。
これではシェフも腕の振るいようがないだろう。

しかもブッシュ夫人の秘書の女性、
リー・バーマンからされた仕打ちがひどいのである。
曲がりなりにもトップクラスのシェフである著者をつかまえて、
リー・バーマンはマーサ・スチュワートの料理本を彼に見せ、
(マーサ・スチュワートですよ!)
「まったくこの通りに作ってちょうだい」とのたまうのである!
これはひどいね。
まあ、我々の業界でも似たようなことがあるような気がするが、
こうした発言をしてしまう人というのは無知でアホなだけでなく、
そもそも相手に対しての敬意が足りないのである。
結局そんなこんなが重なり、著者はホワイトハウスを去って行った。

非常に面白く読んだ一冊。
一種のエンターテイメントとしても面白いし、筆致も軽やか。
そして「受注して、制作する」という部分では
料理人はデザイナーと近いものがある(と僕は思っている)。
そういった意味で教訓にも満ちていると思う。
何より筆者のプレッシャーをはねのける強靭な姿勢とスピード感は、
非常に見習うべきものが多いのではないだろうか。

ホワイトハウス内の人間関係も一部垣間見え、面白かった。
オススメ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/8911519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あちゃ at 2009-09-04 15:00 x
とりあえず、トップの写真、素敵過ぎ♪
僕の家にも柿木がありますけど、
シノブさんだけけに、ご実家にはやはり、柿木はあったのでしょうか?
大人になってからは、柿の種にお世話になりっぱなしなのは、
ここだけの秘密w
Barで食べる柿の種ってなんであんなに美味しいんでしょ・・・
Commented by ACHA at 2009-09-04 15:01 x
で、本、読んでみたいと思います。

本題をすっかり、飛ばしてまいました(苦笑)
Commented by HIRA at 2009-09-06 08:28 x
面白そうで注文してみました。
Commented by shinobu_kaki at 2009-09-06 11:36
>ACHAくん

トップの写真は、実は借り物ですw

この本、面白いですよ。ぜひ読んでみて欲しいね。
Commented by shinobu_kaki at 2009-09-06 11:38
>HIRAさん

感想をぜひ聞きたいですね、読んだら。

ホントに映画になってなかったっけ?と思い、
「大統領の料理人」「映画」で検索したらこのブログがトップにw
どうやら映画化の過去も予定もないみたいです。
by shinobu_kaki | 2009-09-04 11:25 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(5)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31