これぞノーガードの打ち合い。甲子園決勝 済美×駒大苫小牧

9回表ツーアウト、トマダイトマトマ

やり直し。

9回表ツーアウト、駒大苫小牧が3点リードの10-13。
済美の最後の攻撃、ランナーは2人。
ここでバッターは4番・鵜久森(うぐもり)。
もちろんホームランが出たなら同点。
鵜久森はいつもするように、捕手の位置をちらりと確認してボックスに構える。
決勝戦、甲子園球場のボルテージはマックスで、
おそらく内野どうしの声掛けすらも大歓声で届かないほどだった。
最後の一球。

済美はやっぱり漫画のようなチームだ、と思った。

時として漫画にも恥ずかしくて書けないような、
ドラマチックに過ぎるプロットが用意されているのが高校野球の醍醐味でもあるのだが、
(松坂の決勝戦ノーヒット・ノーランとかね)、
初出場で春を制した済美の魔法は最後の最後で効力が切れた。
高めの球を思いきり振った大会No.1スラッガーの打球は高々と舞い上がり、
苫小牧のキャプテン、ショート佐々木のグラブにあえなく納まった。
内野フライでゲームセット。

コマダイコマトマ

いや駒大苫小牧は北海道勢どころか東北以北の高校として初めての優勝。
猛打を誇るチーム同志の対戦は、
両軍合わせて39安打のバッティング練習のような乱打戦だった。

ふう。

決勝戦は20安打。さらにここまで全試合2桁安打と、苫小牧は完全なる打力のチームだ。
済美の選手も皆スイングが異様に速く高校生離れしているのだが、
鵜久森という突出した才能を擁するかわりに、
6番の野間という「穴」(バントヒット1本のみ)があった済美に対して、
苫小牧の打線には切れ目がなかった。
おそらく打撃練習に相当の時間を掛けてきたのだろう。
ちなみに苫小牧はレギュラーが全員180cm以下。背の低いチームだ。

どうしても個人の才能に寄らざるを得ない投手力や、
グラウンドでの充実した練習が不可欠な守備力と違って、
打撃力はマシンを打ち込むことでかなりの成果が期待できる。
数年前の智辯和歌山や日大三高に代表されるように、
高校野球は打力で打ち勝つスタイルのチームが多くなっている。
投手は、甲子園の強行スケジュールに耐えうるように、
ある程度先発から試合を任せられる選手を2〜3人。
これが今の正しい高校野球のスタイルだと思う。
昔のように一人の投手で勝ち続けられるのは、よっぽどの投手に恵まれたチームのみだ。
守備と小技で綱渡り的に勝ちを拾う「広商野球」的なものは流行りではない。

決勝に関して言えば、やたらとヒットが出たからといって
投手がへぼかったとかいう事ではなかった。
両投手とも、130km台後半の球をきちんと外角低めにコントロールしていた。
(もちろん連投の疲労がかなりあったとは思うが)

それを誰もが苦もせずガンガン打つ。バッティングが良すぎたのだ。
両チームともファーストストライクを逃さずに振っていった。
だいたい高校野球のレベルでは外角低めにきっちり投げていれば、
それほど打たれるものではないはずなのだ。
打撃に関して言えば、数年前よりも相当レベルが上がってきているという事だろう。

印象的なシーンがあった。
5番・糸屋のセンター方向へのゴロの打球が2塁走者に当たったのだが、
普通ランナーに打球が当たるケースというのは1塁か3塁で起こる事が多い。
バッターボックスに近いから、その分よけきれないというワケなのだが、
それが一番遠い筈の2塁走者にぶつかってしまった。
糸屋の打球が速すぎたのだ。

試合終了後、済美の選手達は泣きじゃくり、
スタンドの応援団はうつむいたままだったが、
この2チームは勝ち負けをつけたくないほど、力が拮抗していたと思う。
両チームともあきれるほど打つし、
バントなどの細かい仕事も非常に上手だった。洗練されていた。
差があったとすればスタンドを巻き込んだ「北海道勢初優勝」という応援の空気と、
済美に終盤少しだけ出たミスだろうか。
セカンドのエラーと、サードへの暴走。
この2つが痛かった。ミスは、勢いをしぼませてしまうことになるからだ。

個人的にはやはり済美・鵜久森のスイングの速さと強さ、
8番キャプテン新立の落ちつきと小技の上手さ、
9番ピッチャー福井のバッティングが目を引いた。
だいたい野球でピッチャーをやるのは一番上手いやつなので、
この福井も野球センスの塊なのだろう。
1番の甘井と並んで4安打、しかも長打が2本だ。
クリーンナップでもいいくらいだ。

駒大苫小牧に目を移すと、
5番キャッチャーの糸屋が際立っていた。彼も4安打。
しかもあと2塁打一本でサイクルヒットという大活躍。
試合後のインタビューではカツゼツが悪く何を言ってるのかわからなかったけれど(笑
ともかく彼が当たっていたから4番の原田がつなぎに徹する(2犠打)という
ゲームプランを採用する事ができた。今日の主砲は糸屋だった。
6番のやけにルックスのいいキャプテン・佐々木もチャンスに強いところを見せつけた。

気の毒だったのは済美のリリーフ、2年生の藤村。
エースの福井とタイプの違うシュート系の球を投げていたのだが、
結果的にポイントとなった7回途中に、敗戦の要因となる連打をくらって降板した。
ベンチに下った直後に直立不動で監督のアドバイスを聞いている姿が印象的だったが、
試合終了の整列の時にもっとも激しく泣いていたのが彼だった。
先輩達の足を引っ張ったとして彼はしばらく自分を責めるんだろう。
辛い夜がつづくかもしれない。
これを忘れる事はできないだろうが、来年また甲子園で投げて傷を癒して欲しい。
野球の傷を癒せるのは野球だけだ。

しかし凄い試合だった。
済美は初出場で春夏連覇、駒大苫小牧は北海道勢初優勝。
どちらが勝っても歴史が塗り替えられるという一戦、
ライブで見られたのは非常に幸せだったと思う。

今の日本はオリンピック一色だからね。
高校野球が凄かったんだよ、と見てない人に自慢したい。


凄い試合だったんだよ。 
 
  

決勝戦スコアボード
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/906443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from あるいは僕らの日常 at 2004-08-22 18:20
タイトル : 駒大苫小牧、優勝!
駒大苫小牧V、北海道勢初の甲子園制覇 テレビでずっと観戦しておりました。 素晴らしい、実にいい試合展開で、両チームとよく打ちましたね。 取られたら取り返すの連続で、とにかく目が離せなかった。 途中から自分がどっちを応援しているんだかよく分からなくなって、 一つ一つのプレイに声援を送って、「今、相手の攻撃だよ?」などと言われながら、 とにかく興奮していました、あはは。 スポーツ観戦でこんなにむきになったのは、 高校3年生のときの長嶋巨人メイクドラマの年以来だな(歳が・・・。 よく、スポーツ選手の肩に色んなものを乗せて、 感動をありがとうとか、日本中に勇気をく...... more
Tracked from 日々雑感 at 2004-08-22 23:10
タイトル : 白川関越え
これぞノーガードの打ち合い。甲子園決勝 済美×駒大苫小牧にトラバ つ~か、試合詳報は、↑こちらで 全国高等学校野球選手権大会 東北北海道の学校にとって、 第1回大会(大正4年!)でいきなり準優勝(秋田中)以来の悲願 深紅の大優勝旗の白川関越え、ついに実現! じつは私、甲子園現地で始めて高校野球を観戦したのが、 この大正4年以後、もっとも優勝旗の白川関越えが近づいた日 昭和44年第51回大会決勝、松山商(愛媛)vs三沢(青森)だった。 かの鉄腕、三沢高校太田幸司投手が 決勝戦延長18回引き分け再試合を含む27イニングス完投も報われず、 巧者...... more
Commented by Sachi-Shinohara at 2004-08-22 18:47
はじめまして、こんにちわ。
なんとトラバ返しありがとうございました。
本当にすごい試合でしたね、早速こちら北海道は盛り上がっております。
近所のスーパーが特売を始めました。
今、NHKで特集を組んで放送していますので、
それを見つつ、もう少し余韻に浸っています・・・。
Commented by kuro at 2004-08-22 19:08 x
すごかったね。
最初と最後のほうしか見てないけど、
十分すごかった。
北海道のチームが優勝つーのは、
やはりそれだけいろんなところでの練習環境やら方法あら選手スカウトやら指導やら、
高度に平準化されてきた、ということなのか。

「津軽海峡を越える」というより、
「青函トンネルを抜けた」ですね。
優勝旗。

おめでとうございまする。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-22 20:00
515 :名無しさん@恐縮です :04/08/22 19:38
ラジオで聞いてたんだが、最後の打者がホームラン打てば同点って場面で、
「ここで一発が出ればホームランです!」とアナウンサーが叫んでて笑った。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-22 20:06
>サチさん

北海道はしばらく凄いことになるでしょうねえ。
なんせ初。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-22 20:08
>くろさぬ

「雪」が理由にならなくなってきたかもですね、
豪雪地帯は除いてあげるとして。

テンテコマイ、選手は全部道民の「純血」チームらしいですね。
いまどき大したもんです。
昔あった漫画の「なんと孫六」の「北王学園」を思いだしました。
Commented by kyon at 2004-08-22 20:38 x
愛媛出身の人間(済美ファン)です。
トラバ並の長文なんですが、ブログ持ってないもので・・失礼します。

まず、
>6番の野間という「穴」(バントヒット1本のみ)
野間君、今日はふるわなかったけど、これまで大事な場面で巧く打つことも多かったですよ、とフォロー。

済美は、ピッチャー福井君がこれまで1人で投げてきて疲れがたまっていたのに対して、苫小牧は複数名で投げていたのが、一つには大きかったかも。

あと、今日は、特に試合後半、済美の上甲監督がテレビに映る回数が少なかったような気がします。春夏通して、監督は常になるべく笑顔を心掛けていて、負けていて点差があっても不思議にチームがリラックスしていて、テレビで観ている私も、監督の笑顔を見ると「きっと勝ってくれる」と思って観ることができました。春は、東北相手にこんな魔法みたいな試合をしたくらい(投げていたのはダルビッシュではなく真壁投手でしたが)。
   1 2 3 4 5 6 7 8 9
東北 3 1 0 0 0 1 0 1 0  6
済美 0 0 2 0 0 0 0 0 5X 7
Commented by kyon at 2004-08-22 20:38 x
完全に憶測ですが、
今日監督があまりテレビに映らなかったのは笑顔が少なかったせいで、
笑顔が少なかったのは、監督が、
「今日の相手は、これは本当に強いぞ」と感じていたせいかもしれなくて、チームにかかっていた魔法が切れたとしたらそのあたりかもしれません。

ええとつまり、長々書いたわりには、
駒大苫小牧、本当に強いよっ! ということなんですが。
私は、筋肉質な選手が多いなぁという印象を持ちました。
鍛えてるんでしょうね。

それにしても、凄い試合でしたね・・。最後の最後までわからなかった。
緊張しすぎて試合終了後ぐったりしちゃいました(テレビで観てただけのくせに)。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-22 20:45
   1 2 3 4 5 6 7 8 9
東北 3 1 0 0 0 1 0 1 0  6
済美 0 0 2 0 0 0 0 0 5X 7

↑魔法だ…。メガネッシュが気の毒ですね。

済美、残念でしたね。
鵜久森の一発を期待しましたが、角度が出なかったですね。
火の出るようなアタリはしていましたが。
最後の打席で一発が出ていたら…神、だったでしょうね。

ホントに駒大苫小牧は強かった。
Commented by kyon at 2004-08-22 21:00 x
>↑魔法だ…。メガネッシュが気の毒ですね。
そのときのダルビッシュ氏、
逆転サヨナラホームランを浴びる直前のメガネッシュ真壁君の後ろで
「投げさせろ」とばかりにゼスチャーでアピール。
試合後も、「いやでもオレのせいじゃないし」ばりの不満顔(笑)。

夏は、自分でも投げて負けて、さっぱりしたいい顔になってました。

長くなりました、失礼しました。ではまた〜
Commented by sasabonz at 2004-08-23 00:12 x
じゃあ甲子園らしく郷里モードでプレイバック。

13点のコマダイコマコマイはさておき、
済美から8点も取ってたんが秋田商業(加藤鷹の母校)っすから。
いきなり済美と当たらなかったらね~いいとこまで行ってたかも(春はベスト8だし)

ウグモリも愛媛大会は3安打っつーんでアンパイだと思ってたら
それこそ火の出るようなホームラン。
あれで調子取り戻したんでしょーねー。

佐藤投手、まったく夏は調子出なかったけど。
広島が指名を公言しているというから、プロで期待大ですな。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-23 00:45
加藤鷹の母校、っていいね(笑
秋田だったんだ、加藤鷹。

秋田は東北にしては好素材を輩出してるよね。
Commented by sasabond at 2004-08-23 01:50 x
高校野球の話題で脱線してスマソだけど(笑)
ここだけ見て、ここだけ。

http://210.230.213.196/enq/result023.jsp
Commented by kyon at 2004-08-23 07:07 x
ジャイアント落合さんも忘れられません
Commented by あい at 2004-08-23 14:34 x
鹿児島は初戦敗退だったので、その後
あまり見ていなかったのですが、決勝戦は気になって
TVをつけたら、離れられなくなりました。

北海道といえば…
高校の時、北海道の代表で中標津という高校がありました。
人口より牛の数が多いという町。選手は全部で12人。全員ベンチ入り。
走者に当たって守備妨害になり、それがなければ
勝っていたかも…というぐらい、惜しい試合でした。
TVですごく応援したのを思い出しました。

され、今回の決勝戦。すごかった。
見てるこっちも、ハラハラドキドキ。

苫小牧のキャプテンがカッコ良かったな~。

★余談
「苫小牧」と聴くと、はねるのトびらの「栞」が浮かんで…。
いや、ネタであったので。

Commented by kuro at 2004-08-23 15:10 x
そうですか。
すごいっすね。
純道産子だったんですか>駒大とんとことん(業態違うし)。

んー。
秋田の選手だと、
だれだっけ、能代高校の左腕で、
むちゃくちゃ足上げて(ほぼ180度)投げる、
星ぴゅーま、のようなピッチャーが思い出されたり。
誰だっけ?あれ(マイナー過ぎるか)。


中標津。
会社のうちの部に中標津町出身者がひとりいます。
「おとなりのお宅」が、もの凄く遠いらしいです。
Commented by kuro at 2004-08-23 15:12 x
そうですか。
すごいっすね。
純道産子だったんですか>駒大とんとことん(業態違うし)。

んー。
秋田の選手だと、
だれだっけ、能代高校の左腕で、
むちゃくちゃ足上げて(ほぼ180度)投げる、
星ぴゅーま、のようなピッチャーが思い出されたり。
誰だっけ?あれ(マイナー過ぎるか)。


中標津。
会社のうちの部に中標津町出身者がひとりいます。
「おとなりのお宅」が、もの凄く遠いらしいです。
Commented by kuro at 2004-08-23 15:13 x
ご、ごめん。
ダマされて二重書き込みに。

失礼。
Commented by jinta_2791 at 2004-08-23 17:00
昭和53年の甲子園出場の高松直志投手です。
>豪快足上げ左腕like星クン

秋田県大会決勝で投げあった本荘高校の工藤幹夫投手は
その後ドラフトで日本ハムに入団、3年後には最多勝タイトルを獲得し、
日本シリーズの秘密兵器になった一発屋の横手投げ右腕です。

何故そんなに詳細に覚えているかというと、
甲子園1回戦の相手が私の実家から徒歩10分にあるあの箕島高校で、母校ではないのですが、夏休み帰省中だったので甲子園まで見に行き
現物を拝見したことがあるから。

えぇ、内野席からもハッキリとわかるほどの
豪快な蹴り上げでした、ハイ。

それと蛇足ですが、
その工藤幹夫と準決勝(?)で投げ合い0-1で敗れた男が、
大学時代に住んでいたアパートの同じ住民で、
当時、同じ草野球チームに所属してたってこともあります。
酒を飲んでは散々、この2人の投手のことをグチってた記憶も・・・(笑

Commented by kuro at 2004-08-23 18:23 x
うわー。
すご過ぎますね。その話>jintaさん。 そーです。タカマツです。
前にボール投げるのにあんなにまっつぐ上に上げて、よくできるよなぁ、
と子供ながらに思ったです。

S53年、ってどんな年だったんだろ、と思ってちっと見てみたら、同年のドラフトは、
阪急に関口(1位)、石嶺(2位)、山森(4位)、
そのフロック気味な工藤(2位)の入ったハムの1位は高代、
ロッテは後に阪神で活躍した福間(1位)で3位に落合、
西武に森繁和(1位)、
中日に静岡商ー明治大の高橋三千丈(1位)、
広島が1位で木田勇を指名するもフラれ、2位に仙台育英の大久保、
そして、
阪神に江川の年。 巨人はボイコット。


甲子園では、箕島は西武に行った石井毅(2年)の時ですねぇ。
PLの西田(広島)が優勝投手で、高知商の森(阪急)が準優勝。
元祖にして唯一の「炎のストッパー」津田(南陽工)も投げてるし。
愛甲(横浜)も1年生ピッチャーで出てる。 鹿島(鹿実ー鹿児島鉄道管理局ー中日)も2年生で。


こうしてみると、えらく昔ですねぇ…。
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-23 18:34
おふたかた、マニアックに凄すぎでつ…(笑
Commented by shinobu_kaki at 2004-08-23 20:11
あいさん、

>人口より牛の数が多いという町。

ニュージーランドにおける羊のような話ですね。

>走者に当たって守備妨害になり、
それがなければ勝っていたかも

というくだり、一瞬ナニに当たったのか、
前後の文脈から鑑みて、ひょっとして牛に?
とか思ってしまいました。

違いますね。
by shinobu_kaki | 2004-08-22 17:43 | エウレーカ! | Trackback(2) | Comments(21)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31